至心玄道公式サイト

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月29日 (木)

6月下旬、双児山から甲斐駒ケ岳の高山植物

6月下旬。双児山から甲斐駒ケ岳へ、登山道わきの高山植物です。今日は、高山植物の写真で心休めてくださいな。各写真はクリックすると大きくなります。

Img_1421キバナシャクナゲです。双児山から駒津峰への登山道わきに咲いていました。





Img_1424タカネサクラです。

もっとも遅く咲く桜です。






Img_1426こちらはハクサンシャクナゲ。まだ咲いていません。






Img_1435駒津峰の登りに咲いていたコイワカガミです。







Img_1440ミヤマキンバイです。駒津峰の山頂に咲いていました。

6月下旬というと、南アルプスでも雪融け直後です。雪解けと共に、こういう花が咲いてきます。

甲斐駒ケ岳は、高山植物が豊富な南アルプスにあって、お花畑というようなところはありません。比較的花の少ない稜線です。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年6月25日 (日)

南アルプス|甲斐駒ケ岳・摩利支天と北部の山々の遠望。

Img_1443

駒津峰から、甲斐駒ケ岳・摩利支天です。昨日、2017/6/24、久しぶりに南アルプスへと足を延ばしました。私にとって、南アルプスは大変落ち着くところなのです。


Img_1416甲斐駒ケ岳へは、途中、標高2600mあまりの双児山へ登り、一旦下って、2700mあまりの駒津峰を乗り越します。
双児山から振り返れば、仙丈ケ岳3033mを望むことができます。




Img_1419南アルプスにあって、私がかつて修行を共にした三千メートルの山々です。左端から、日本第二の高峰、北岳3193m、第四の高峰、間ノ岳3140m、右の奥に塩見岳3053m。


25年ほどさかのぼる事、師匠亡きあと10年余り、広大な南アルプスを歩き続けました。南は静岡安倍奥の山伏岳、笊が岳、聖岳の三千メートル峰。中部は赤石、荒川岳~塩見岳。仙塩尾根を遡り、北は仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳に至るまで、行った事がないところはほとんどないといっても過言ではありません。

現在、北アルプスの山麓白馬にいますが、南アルプスは私のふるさとみたいなところです。天高き事一万尺、これらの山々の中で至心玄道が始まったのです。


南アルプスは森林限界が高く、うっそうとした山頂も多くて、とても神秘的です。また、一つの山がでかい独特な感じに、やっぱり南アルプスは落ち着きます。また、時間が許せばじっくりと山ごもりしたいものですね。


尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年6月24日 (土)

今日は南アルプス、甲斐駒ヶ岳です。

今日は南アルプス、甲斐駒ヶ岳です。
今日は、北アルプス、白馬を離れ、久しぶりの南アルプス、甲斐駒ヶ岳です。
駒津峰から風雲わきたつ稜線の写真です。


尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年6月20日 (火)

【大雪渓】白馬大雪渓。明日は夏至です。

Dsc_0701_002


2017/6/20
 今日は白馬大雪渓、2号雪渓出合からの写真です。杓子岳の前衛峰がダイナミックにそそり立ってアルペンチックな気分になります。しかし、この付近より上部は白馬大雪渓のニュースなどでおなじみの落石や雪崩の遭難事故の多いところです。


 さて、明日6/21日は二十四節気の一つ「夏至」です。太陽が一年のうちで一番高い日。アルプスの日差しもピークとなっています。雪からの照り返しで大雪渓は2倍の陽ざしで、サングラスをしていないと雪目(目のやけど)になってしまうので大変です。お肌の日焼け止めも効かずに、真っ黒に雪焼けしてしまいました。


Dsc_0700_002冒頭の写真の方向から90度右を見ると、白馬岳山頂の南のケルン付近から落ちる2号雪渓です。今の時期は、落石が多くて使えません。かといって、早い時期は雪崩が多く、しっかりと締まっている日の山スキーでの降下となります。


Dsc_0697_002こちらは先日記事にしました3号雪渓です。白馬岳山頂の絶壁から落ちる雪渓です。2号の途中から3号に流れ込む事もできます。今の時期はすでに2号同様に使えません。


大雪渓のお話が続き、稜線のお話をもったいぶっておりますが、順番にお楽しみくださいな。葱平上部、小雪渓のトラバースが切られて一般の方が登山できるようになる直前からお話したいと思います。


尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年6月18日 (日)

東海北陸拝顔巡業2017 福井・金沢・名古屋 のおしらせ。

※福井、石川会場は満枠締切となりました。

※名古屋会場の空き枠は残りわずかです。


 東海北陸方面拝顔巡業のお知
らせです。会場は、福井、金沢、名古屋です。周辺都県の方も、どうぞおこしください。

 

 拝顔巡業は、法話巡業のように皆様の前でお話しするのではなく、マンツーマンで御霊断を交えてお話をしながら力を得て欲しいと考えています。浄縁祈は土地のお祓い等を除き、通常は道場でしかいたしておりません。そこで、巡業では道場の御神前にて神事を行った力の御神符を直接お届けします。

  

 東海北陸方面の皆様、御拝顔できる事を楽しみにしております。

 

 

・東海北陸拝顔巡業日程

 

(受付は各会場2週間前まで。または満枠になり次第締切。)

※会場の設定の加減で、早期にメールをいただけますと助かります。

 

7月15日(土)午後 福井会場(JR福井駅付近)

 

7月16日(日)全日 金沢会場(JR金沢駅付近)

 

7月30日(日)全日 名古屋会場(JR名古屋駅付近)

 

 

 

申し込み方法 事前申し込みをお願いします。


以下形式にご記入の上、genjoe@nifty.com までご希望の会場名、「福井会場」「金沢会場」「名古屋会場」のいずれかを件名として、メールをください。詳しい会場と割り当て時刻は決定し次第ご連絡いたします。早いお申し込みで、空き枠が多い場合は、時刻を選んでいただけます。

 

 

---------------------------------

ご住所

 

電話番号

 

申し込み者のご氏名

 

同伴の方で御神符をご希望の方のご氏名

 

 

 

 

メッセージをどうぞ

 

---------------------------------

2017年6月17日 (土)

【高山植物】雪解けの初夏、白馬尻のサンカヨウ

Dsc_0675_002

今日は初夏の高山植物をお楽しみください。白馬大雪渓の雪解けと共に、数々の高山植物が咲いてきます。猿倉林道の終点から少し上部、白馬尻までの林床に咲いていた「サンカヨウ」、透きとおるような白いきれいな花を咲かせます。


Dsc_0677_002雪融け直後のサンカヨウは、このようにつぼみの状態です。







Dsc_0676_002「キヌガサソウ」も咲き始めています。白馬尻はまだ雪の中ですが、それが融ける頃には、サンカヨウやキヌガサソウ、シラネオアイが咲いてきます。




Dsc_0686_0026月14日にはまだ見かけなかった青紫の花が6月16日には咲き始めました。「シラネアオイ」です。日を追うごとに、花が増えてくるので、これから楽しみですね。






尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年6月16日 (金)

【大雪渓】今日も6月の白馬大雪渓。三号雪渓出合です。

Dsc_0688_002_2
2017/6/16

今日も白馬大雪渓です。昨日の写真から、さらに上部、三号雪渓出合から撮った白馬大雪渓です。左に杓子岳の前衛峰の尖峰がダイナミックです。奥には、丸山~杓子岳の鞍部が白い雪を蓄えている様子が写っています。

今日も、残雪の写真をお楽しみください。各写真はクリックすると大きくなります。


Dsc_0687_0026月16日現在は、白馬尻の手前から雪渓が始まります。写真は白馬尻から見上げる白馬岳です。
ここから、三号出合は大雪渓が向かって左にカーブする急斜面を登ったところにあります。




Dsc_0691_002三号雪渓出合の急斜面を登って下を見おろした写真です。急斜面は下に落ちていますので、斜面自体は見えません。冒頭の写真はここから撮っています。
眼下に、昨日の写真を撮った場所が写っているのですが・・


Dsc_0692_002三号雪渓です。冒頭の写真を撮った場所から90度右を向いたら、こんな感じです。落石がすごいです。今の時期は、山スキーにも使えません。

また、白馬大雪渓の三号雪渓出合から上部は雪崩や落石事故の多いところです。



尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年6月15日 (木)

【大雪渓】今日も6月の白馬大雪渓です。

Dsc_0685_002
2017/6/15
今日も白馬大雪渓です。大雪渓ケルンの左岸からの写真です。中央奥、ニュジーランドのような形をした島が葱平です。右から土砂が流れ込んでいるところが三号雪渓です。今日も、残雪の写真をお楽しみください。



Dsc_0683_002白馬尻小屋は深い雪渓の下から掘り起こして、再建設中です。この小屋は、雪渓の雪の重みに備えて、秋に解体して春に組み立てられます。




尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年6月14日 (水)

【大雪渓】6月、白馬大雪渓です。

6月、白馬大雪渓です。
2017/6/14

6月の白馬大雪渓、白馬尻付近です。残雪の写真をお楽しみください。

Dsc_0664_002新緑の猿倉林道から、残雪の白馬岳です。




Dsc_0673_002白馬尻から白馬沢の雪渓からそそり立つ小蓮華山です。



尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年6月12日 (月)

山陽方面・関東方面拝顔巡業2017が修行いたしました。

山陽方面、関東方面拝顔巡業が修行いたしました。巡業が中5日で連続すると、準備と片付けに追われてしまいます。今までは、隔週でしたので思いもよらぬ過密スケジュールとなり、さらに、その間に芒種の特別祈願が入って、この10日間というものはあわただしい日々が続きました。
 
今まではブログに載せる写真を撮るのにプチ観光の時間を割いていましたが、あくまでも御拝顔がメインですので、スケジュールに余裕がある時のみプチ観光して写真を掲載することにします。
 
Dsc_0295_002大阪から始まった巡業も最終地の川崎です。6月3日は神戸巡業の予定でしたが、勝手のわかる大阪梅田に変更いたしました。 巡業というと、いつも頭を悩ませるのが会場として使う貸し会議室などの会場の設定です。
6月4日は岡山。そして、6月10日は水戸でしたが、これもまた勝手のわかる新宿に変更しました。水戸会場に御参加を希望された全員の方が、千葉、東京都区内、川崎の方でしたので、それなら新宿でという事にいたしました。追加でお申し込みの茨城県の方も新宿のほうが便利という事でご希望されましたので、ちょうど良かったです。
 
6月11日の川崎の会場は歓楽街の真ん中でしたね。とても賑やかでびっくりしました(笑)。そこで、来年からの関東巡業は土日の2日とも新宿にいたしますので、関東圏の皆様、よろしくお願いいたします。
 
このたび、御拝顔いたしました皆様の御顔を胸に抱いて、不可思議なる神力のご加護がございますようお祈り申し上げます。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年6月11日 (日)

今日は川崎拝顔巡業です。

今日は川崎拝顔巡業です。
今日は川崎拝顔巡業、ご参賀の皆様よろしくお願いいたします。前もってメールでお知らせしていますが、川崎駅からサンクスの角を右に入って右に入り口があります。

2017年6月10日 (土)

関東方面拝顔巡業です。

関東方面拝顔巡業です。
午後から新宿会場です。ご参賀の皆様よろしくお願いいたします。会場は事前にメールでお伝えしています西新宿となります。

2017年6月 4日 (日)

今日は岡山拝顔巡業です。

今日は岡山拝顔巡業です。
今日は岡山拝顔巡業。岡山ならびに四国からお越しの皆様よろしくお願いいたします。

2017年6月 3日 (土)

山陽方面拝顔巡業。岡山につきました。

山陽方面拝顔巡業。岡山につきました。
今日は神戸を梅田に移っての拝顔巡業でした。今、岡山につきました。
岡山市内の夜景です。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

無料ブログはココログ