至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 白馬八方尾根スキー場の紹介と鹿島槍ヶ岳と五竜岳の眺望です。 | トップページ | 春分から秋分と秋分から春分、半年の長さ。 »

2018年2月22日 (木)

雪の下に生命の営みを感じる山行の時期です。

Dsc_1172_002
若栗の尾根から山の神尾根~天狗原への稜線の登りは森林限界を越えないが、天高き事一万尺のアルプスの山々に通ずる冬季ルートでもあります。

そして、二十四節気の「雨水」が過ぎた今からの時期、雪の下に春の生命の営みを感ずる山行です。明るくも、神秘の雪上の登行です。夏はブッシュに覆われてジャングルになるので、ここを登行できるのは今の時期だけです。

これらの木々は、雪解けとともに芽を出して、やがて新緑となり、夏にはうっそうとした森となります。そして、秋には紅葉となって、落葉する。そして、再び雪に覆われ、一年が過ぎる。季節をもたらす大自然のエネルギーを感じながら神通清浄祈願です。

春の隆達應心祈願と三守護特別修法 啓蟄祈願の受付中です。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 白馬八方尾根スキー場の紹介と鹿島槍ヶ岳と五竜岳の眺望です。 | トップページ | 春分から秋分と秋分から春分、半年の長さ。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白馬八方尾根スキー場の紹介と鹿島槍ヶ岳と五竜岳の眺望です。 | トップページ | 春分から秋分と秋分から春分、半年の長さ。 »