至心玄道公式サイト

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月31日 (火)

火星、大接近。火星はどこを見ればいいか?

最近、火星の大接近のニュースが流れていますが、今日が一番接近する日です。


どこを見ればいいか?


夕暮れの西の空にひときわ光っているのが金星です。


日がどっぷり暮れて南西の空を見ればてんびん座にいる木星が見えます。
さらに東を見れば、さそり座のα星、赤いアンタレス。
さらに東を見れば、土星。
・・・と、比較的明るい星が続いています。



9時を回ったころ、南東の空を見れば、いま、申しました4つの明るい星よりも、いちだんと光る赤っぽい星が目に留まる事でしょう。これが、大接近の火星です。



とにかく、午後9時を回ってからは、何時でも、夜空で一番明るく見える赤っぽい星が火星ですので、簡単に見つけることができます。




夏のお盆期、尊世特達法願・因縁浄化供養を受け付けています。

尊無上亜甲中玄   玄上

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年7月29日 (日)

名古屋拝顔巡業2018です

名古屋拝顔巡業2018です
今日は名古屋拝顔巡業。愛知、三重、岐阜の皆様よろしくお願いいたします。
昨夜は台風の通過で大変でしたが、今日は台風一過の晴天です。
台風の接近で順延も考えましたが、予定どおり行います。

2018年7月27日 (金)

【大雪渓】もうすぐ8月。白馬大雪渓です。

Dsc_1319_002
白馬大雪渓。三号雪渓出合付近から葱平(ねぶかっぴら)方面を見上げたところです。左に、杓子岳の前衛峰がアルペンチックにそそり立っています。
もうすぐ旧岩室には直接行けなくなり、写真右からの陸になりそうです。雪渓の状態が薄くなるのが早くて、今年も一昨年みたいに9月になると大雪渓ルートが使えなくなるかもしれません。
Dsc_1321_002
3号出合から白馬岳側、白馬岳山頂付近から落ちる三号雪渓です。左上が山頂。
下界は猛暑ですが、雪渓の上は十数℃という気温です。風が吹きおろしてくると、体感はもっと低いですね。
今日も熱中症など、お気をつけください。
夏のお盆期、尊世特達法願・因縁浄化供養を受け付けています。

尊無上亜甲中玄   玄上

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年7月19日 (木)

【大雪渓】 白馬大雪渓から暑中お見舞い申し上げます。

Dsc_1314_002
白馬大雪渓から暑中お見舞い申し上げます。


各地で猛暑が続いています。熱中症など十分ご注意ください。水分の補給だけでなく、塩分などの電解質の補給に心がけてくださいませ。


白馬大雪渓は、ご覧のように、たっぷりの雪を蓄えて、雪上に立つと冷気が降りてくるので寒いです。雪の写真をみて、イメージだけでも涼しくなってくださいな(笑)



大雪渓までの写真を以下に掲載しておきます。(各写真はクリックすると大きくなります)



Dsc_1303_002県道白馬岳線に突き当たると、猿倉荘付近の駐車場があります。白馬岳を見上げて、山行の気持ちが高まるところです。今日は平日ですが、そろそろ夏山トップシーズンになってきましたので、たくさんの県外ナンバーの車が止まっていました。

Dsc_1304_002猿倉壮です。白馬岳に登るときには、ここで必ず登山届を出すようにしましょう。大雪渓は毎年、毎月、毎週と状況が変わりますので、ここで情報を仕入れておくと良いです。




Dsc_1307_002林道を30~40分ほど歩けば、登山道になります。登山道になって少し上ると、目の前の視界が開けて、雪渓を従えた白馬岳を見上げることができます。ここで、すこし冷気が漂います。正面下の雪渓は、左下に大雪渓に落ちる3号雪渓です。ここからはまだ大雪渓はみえません。



Dsc_1308_002猿倉壮を出発して50分~1時間ぐらいで白馬尻小屋に到着します。冷たい冷気の風が降りてきて、一気に涼しくなるところです。それでも、この猛暑で暑いですね。白馬の里と比べると約6℃、皆様のところとでは10~12℃ぐらい気温が低いのですが。
Dsc_1314_002_3白馬尻小屋から20分も登れば、白馬大雪渓です。冷蔵庫の中にいるぐらい冷えています。ただ、登山するときは思いのほか汗をかいているので、涼しいからのどが渇いていなくても充分な水分補給が必要です。大雪渓の登りで、熱中症にやられることもあります。




夏のお盆期、尊世特達法願・因縁浄化供養を受け付けています。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。


2018年7月18日 (水)

【八ヶ岳】 花の季節の八ヶ岳です。

Img_1929_2
各地で猛暑となっています。アルプスや八ヶ岳では、高山植物が咲き乱れる季節となってきました。写真は、標高約2800m、赤岳展望荘近くに咲いている紫のがオヤマノエンドウ、白いのがチングルマです。


Img_1920赤岳への急峻な岩場の途中に咲くイワウメです。







Img_1917行者小屋から赤岳への直登ルートの文三郎道を登り終えた阿弥陀岳から中岳との分岐点です。
文三郎道はまっすぐに急な階段の直登りなのでキツイですぞ。



Img_1923八ヶ岳連峰主峰の赤岳の南峰(2899m)は岩の狭い山頂です。北峰のほうが広いです。南峰から5分ぐらいで北峰に着きます。





Img_1927北峰から、横岳や硫黄岳方面を望む。左端に蓼科山も見えています。







これから、夏山のシーズンですね。下界は30℃を超えていますが、皆様、熱中症など、ご注意ください。

尊無上亜甲中玄   玄上

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

 

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年7月14日 (土)

頑張れ西日本!

頑張れ西日本!
昨日から広島に来ています。写真は広島平和公園です。平和記念資料館は耐震工事中です。

市街地は先日の豪雨被害地から離れていますが、東に行くと被災地で大変です。避難しているみなさんも猛暑のなかにいます。熱中症などで大変な状況ですが、無事に乗りこえることができますよう、お祈り申し上げます。

あと2-3日は白馬を離れていますが、メルマガは予約配信で届くようにして来ています。個々の鑑定などのメールの返信は戻りましたら、順次いたしますのでお待ちくださいませ。

2018年7月 9日 (月)

西日本豪雨に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

合掌
このたびの西日本豪雨で被災されました皆さま、ならびに、関係者の皆様に、お見舞い申し上げます。


また、犠牲になられました皆さまには哀悼の意を表し、特達法願の祈念を捧げます。
尊無上亜甲中玄   玄上

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »