至心玄道公式サイト

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月27日 (木)

秋の味覚「栗」です。

Dsc_1233_002_2今月は、長野県内の小布施町や白馬村の方から栗を頂戴しています。写真は、昨日となりのお母さんにいただきました白馬の栗です。みなさま、大きな立派な栗をありがとうございます。

さて、栗を頂戴しましたら、栗ご飯を炊きます。炊き方は簡単。栗をむいてどんぶりの7割ぐらい用意します。みりんとお酒、等量合計3杯、塩を小さじ1~2杯(お好みで)入れて、ご飯と一緒に3合の割合で炊きます。25%ほどもち米にするとなおいいですね。栗がたっぷりの贅沢な栗ご飯です。

食欲の秋と申しますが、秋だけでなく、旬の味覚の食べ物には私たちの健康を維持するための意味があります。たとえば、秋に採れるきのこは、冬に風邪を引かないような抵抗力を高めたり、夏のスイカは熱中症の予防にも助かるし・・・。好き嫌いなしに、たのしく旬の味を味わうのもいいですぞ。

大自然のありがたい力は、何気なくも気づかぬところに、及んでいますね。

尊無上亜甲中玄

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年9月23日 (日)

白馬大池、チングルマの草紅葉

白馬大池、チングルマの草紅葉
白馬大池、チングルマの草紅葉です。
標高2400m付近。
2018/9/23 お彼岸の中日です。

2018年9月 7日 (金)

草紅葉の北アルプス白馬岳。

Dsc_1185_002
今年の北アルプス白馬岳連山の秋の訪れは早く、白馬岳山頂付近はすっかり草紅葉になっています。先日掲載しましたトウヤクリンドウも花が終わって紅葉しています。写真は白馬岳山頂2032m付近です。正面やや右の山は朝日岳。左端に、うっすらと入膳町と黒部川が写っています。

Dsc_1177_002_2白馬岳と双耳峰をなす旭岳と草紅葉です。昨日の稜線はすごい西風で、もうすぐ冬の到来を思わせる雰囲気。寒さと風の強さが写真ではわかりません。この時期にしては、9月上旬というのに、花もなくなってしまっていて、秋のさみしいアルプスになっています。

Dsc_1176_002杓子岳と白馬鑓を望む白馬岳の稜線です。ここに上がってくるまでのお花畑と呼ばれるところには、ほとんど花はありません。例年ですとトリカブトの仲間の紫がやシシウドの白や色鮮やかなのですが、今年はまったく高山植物は咲いていません。

尊無上亜甲中玄

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。 

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年9月 2日 (日)

北アルプス白馬岳連山、トウヤクリンドウです。

Dsc_0865_002

久しぶりのブログの更新です。北アルプス白馬岳連山にトウヤクリンドウが咲いています。トウヤクリンドウが咲くと、アルプスの短い夏は終わり、稜線は秋山となります。あと一か月もしないうちに霜が降りたり、雪が降ったり、アルプスは一足早く冬を迎えます。


写真は、杓子岳をバックに、白馬岳への稜線、約28000m付近に咲くトウヤクリンドウです。


尊無上亜甲中玄

 
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »