至心玄道公式サイト

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月30日 (火)

平成から令和へ。もうすぐ立夏。さそり座と木星と天の川。

平成から令和の時代へと遷り変わる時、明日から令和へと改元となります。新しい時代が平穏でありますようお祈り申し上げます。

Sco_jupiter_milkyway
Sco.-Sgr. Milky way and The Jupiter.
2019 Apr, 28 01h34m(JST) / SMC pentax DA 18-135mm 18mm(トリミング) F3.5 Pro-SoftonA iso3200 30sec / 小谷村下里瀬 by 玄上

5月6日は二十四節気の一つ立夏であります。暦の上では夏の始まり。星空も夜半を過ぎれば夏の星座が昇ってきます。深夜、夜も更ければ街の明かりも少なくなって、満天の星空、夏の星座のさそり座といて座の天の川もきれいに見える頃です。天の川の一番濃い部分はいて座にあたり、グレートスタークラウドと呼ばれるところで、私たちが住んでいる銀河系の中心の方向になります。一番明るい大きな星は木星です。

改めて写真に撮ると、ただ単に「わーきれい」だけではなく、大きな大自然の営みの恩恵の元に暮らしている光景を思うところです。(写真はクリックすると別ウィンドウで大きくなります。)

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年4月28日 (日)

【GWの桜】桜と雪の北アルプスの競演、白馬村内は桜が満開です。

ゴールデンウィークに入りました。桜と雪の北アルプスの競演の真っ盛り。白馬村内は桜が満開になっています。昨年は一週間早く咲き終えましたが、今年は順調です。写真を掲載しておきます。写真はクリックすると別ウィンドウで大きくなります。

Imgp0320
JR信濃森上駅前の老桜。かなりの樹齢です。

Imgp0323
国道148号線、岩岳入口交差点から西にすぐのところの秋葉神社です。

Imgp0364
桜と雪山(白馬鑓ヶ岳と杓子岳)の競演。白馬北小学校と白馬高校の間の桜は見事です。


尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年4月26日 (金)

岩岳山頂から白馬三山・白馬岳連山を望む。

Imgp0314
心開綬感大玄行山行の時はいつも悪天候でしたので、先日、晴れた日に岩岳の山頂から撮った白馬三山を掲載しておきます。眼下右側には松川源流の支流があり、遡る事途中から右に白馬沢、左に大雪渓の沢へと分岐しています。その間は白馬岳中央稜が白馬岳の山頂まで突き上げています。
左には、小日向山から杓子岳へと双子尾根がせりあがり、大雪渓の谷の白馬尻付近から延びる杓子尾根とジャンクションピークで合流して杓子岳の北(右)の山頂へとつながっています。左端は白馬鑓ヶ岳です。

Imgp0308
岩岳から見下ろした猿倉荘付近です。上のほうの雪が多いところの白馬沢と大雪渓の分岐付近に白馬尻があります。各写真はクリックすると大きくなりますので、猿倉壮を見つけてくださいな。

Imgp0306
先日の山行は吹雪いていて視界がありませんでしたが、晴れればごらんのとおり、右から天狗の頭、八方尾根スキー場から右上に遡ること不帰の嶮から唐松岳、八方尾根越しに五竜岳、遠見尾根越しに鹿島槍ヶ岳を望むことができます。

Imgp0305
唐松岳本峰、不帰3峰、不帰2峰、不帰1峰です。さ、明日から長いGWですね。残雪の天高き事一万尺から、新しい「令和」の時代が良き時代でありますよう祈念申し上げます。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年4月22日 (月)

日本海の見える鹿島槍ヶ岳

Kasima  
春の晴れが続き、遠見尾根越しに鹿島槍ヶ岳です。白馬の山々から望む鹿島槍ヶ岳は、日本海を向いています。双耳峰の鹿島槍ヶ岳は白馬から見ると左が北峰、右が南峰となり、この面が北面となります。大町市以南から見える鹿島槍ヶ岳はこの逆です。日本海の見える鹿島。その由来は私と長いことお付き合いのある方はご存知と思いますのでここでは申しません。

131014_114122
秋に鹿島槍ヶ岳山頂から撮った日本海方面。五竜岳や白馬鑓が写っています。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年4月18日 (木)

りょうけん座の子持ち銀河、M51銀河です。

春の星座と言えば北斗七星。でも北斗七星は星座ではありません。おおぐま座のしっぽの部分にあたります。今日は、おおぐま座のおはなしではなく、しっぽの先っぽにある「子持ち銀河 M51」です。M51はしっぽの先っぽにあるのですが、おおぐま座とりょうけん座の境界付近のりょうけん座の領域にありますので、おおぐま座の子持ち銀河ではなく、りょうけん座の子持ち銀河です。
M51_cvn
M51 galaxy CVn.
Apr. 3 2019 23h23m(jst) / smc takumar 200mm f5.6/4 pentax k70 iso12800 30sec / 白馬村 by玄上

40年以上前に使っていた200mm望遠レンズと最近のデジカメと合体させて撮っています。北海道拝顔巡業に出かける前の夜は空気も澄んでいいお天気でした。M51銀河は約4千万光年かなたにあり、二つの銀河が接近している様子なので、子持ち銀河とも呼ばれています。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年4月16日 (火)

雪上の心開綬感大玄行山行です。

昨日は、岐阜県から雪上の大玄行山行におこしになられました。あいにく季節風の強風で吹雪でしたので、岩岳に登って山頂からねずこの森を経て雪上山行を行いました。


Dsc_1473-002
岩岳山頂付近は吹き飛ばされそうな風と雪でした。神通清浄祈の経文がすっ飛んでいきます。いつも思うのですが、写真ではこのものすごい風をお伝え出来ないのが残念ですね。

Dsc_1478-002
強風の中にも時折陽が差すねずこの森です。足跡は、入行者様と私のものです。誰も踏んでいないバージンスノーに入行者様と私の足跡。良い山行でしたね。でもあいかわらず強風。森の中は、少し風がましになりますが、木々が震えるすごい音です。

さて、今年も心開綬感大玄行山行が始まりました。力をつけにおこしくださいな。主に木曜日や水曜日を中心とした平日に行います。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。 

2019年4月15日 (月)

野辺山の飯盛山(めしもりやま)からの展望。

昨日記事にしました野辺山の飯盛山(めしもりやま)からの展望の写真を掲載しておきます。各写真はクリックすると別ウィンドウで大きくなります。

八ヶ岳の主峰、赤岳(2899m)です。
Imgp0282


八ヶ岳、横岳です。
Imgp0283


南アルプス、北岳(3193m)です。
Imgp0288


南アルプス、甲斐駒ヶ岳(2967m)です。
Imgp0289


東信の山、浅間山です。
Imgp0292_1


奥秩父、金峰山です。
Imgp0295_1


野辺山の国立天文台、電波宇宙観測所の45mパラボラ電波望遠鏡です。
Imgp0296


尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。 

2019年4月14日 (日)

八ヶ岳方面、雪と蒼天の飯盛山。

毎年、春には野辺山高原にある飯盛山に登っています。昨日から八ヶ岳方面に出向いてきました。今年で26年目ですが4月にこんなに雪のある飯盛山は初めてです。白馬からみると、ずいぶん南になるので、いつも春日和やたまに春雨の温暖な気候なのですが。
Imgp0290
 

遠くに富士山と飯盛山(1653m)の競演風景です。
Imgp0291


飯盛山は奥秩父山系の西の端。ほとんど八ヶ岳方面になります。飯盛山からは八ヶ岳の展望が美しいです。
Imgp0293  


南を見れば、私が白馬に来る前に山行を繰り返した南アルプスを望むことができます。写真左の雪の尖峰は日本第二の高峰「北岳」です。右に霊峰「甲斐駒ヶ岳」。
Imgp0294  

真っ白な雪上にて、神通清浄祈と、浄縁祈の経文を蒼天のもと唱えて、大守護聖源流光の祈りをしてきました。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。 

2019年4月11日 (木)

巨大ブラックホールのM87銀河はどこにあるか。

今朝の新聞で、M87銀河の超巨大ブラックホールの直接観測に成功したという記事が出ていましたが、夜空を見上げて「さて?どこにあるのかな?」という疑問無しに、多くの人々は「へーすごいんだ」という感じで3日も経てば忘れられてしまうかもしれませんね。

ま、それはさておき、M87はおとめ座銀河団の中心にあり、われわれの居る天の川銀河も局部銀河群を形成し、この銀河団一員なのです。M87はこの銀河団の重力的束縛を担っているとも言えますので、中心には超巨大なブラックホールがあっても不思議ではありません。

3月に super-takumar 135mm という45年前の望遠レンズを引っ張り出してきて、ペンタックスK70にとりつけて、おとめ座銀河団を撮影しています。さて、M87は下の写真のどこにあるでしょう?銀河の番号をふっていますので見つけてくださいな。写真をクリックすると別ウィンドウで大きくなります。

Virgo_cluster_10_20decl

次に、望遠では星座の中のどこにあるかがわかりにくいので、下の写真のようにしてみました。おとめ座銀河群はおとめ座やかみのけ座からたどるより、しし座からのほうがたどりやすいです。

しし座の写真は北海道巡業に出発前夜の4月3日にsmc-pentax da のズームレンズに星が大きく写るようにソフトフィルターをつけて撮影しています。左の四角いところが上の写真のエリアに相当します。しし座のお尻の部分の明るい星(β Leo.)デネボラから東に10~20度ほどたどったところのおとめ座とかみのけ座の境界におとめ座銀河団を見ることができます。
Leovirgo_cluster


春の星座は宇宙の窓と以前に申しましたように、大宇宙の奥深い神秘にふれることができます。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

宇宙の活動と気候変動。雪降りが続く4月です。

Imgp0273
2月と3月は気温が上昇して、このまま春になると思いきや、4月に入って雪が降る日が続いている白馬です。でも、日中の気温は高いので、融けては積もるの繰り返しです。写真は、昨日4月10日の朝の道場近くの栗の木です。今朝も降っていて、芽生えはまだ先です。桜の花もまだまだ、GWのころになりそうです。

近日中に、フランスの太陽活動専門の天文学者と気象学者が著した「太陽活動と気候変動」という本が、出版社の恒星社厚生閣から発売されます。また、銀河宇宙線が気候変動に関与するスベンスマルク効果というのがございます。こういうのは、再生エネルギーに携わる業者から嫌われるわけで、スベンスマルク博士は研究費が入らずに苦労したそうな。何か考えさせられるお話ですね。

大宇宙から見れば人類のはからいなんぞ小さなことなのですが、人類にとってお金がそれよりも大きいことなのかもしれない。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年4月 9日 (火)

北海道拝顔巡業2019が修行いたしました。

北海道拝顔巡業2019が修行いたしました。ご参賀の皆様、ありがとうございました。昨夜無事に戻ってきました。次回は九州方面拝顔巡業です。九州の皆様、よろしくお願いします。


出発の日は日本海が荒れる予報が出ていましたので、仙台港から太平洋フェリーで向かいましたが、北海道についた日は天気が悪く、苫小牧から帯広に向かう峠越えの占冠付近は雪降りで路面が凍結していました。 昨夜、帰ってきましたら、白馬も雪降りでしたので、なかなかスタッドレスをはきかえる事はできません。
Dsc_1455-002_3

幸福駅です。みなさま、幸福になってください。
Imgp0265


4月6日は帯広拝顔巡業。帯広郊外の畑も空も果てしなく広いです。
Imgp0266

4月7日は札幌拝顔巡業。早朝に北海道大学の構内を散歩してクラーク博士に会ってきました。さ、みなさん、大志を抱きましょう!Dsc_1463-002

北海道からの帰り。帰路も太平洋フェリーです。航跡の向こうは北海道。御拝顔しました皆さまの御顔を思うには風情のある帰りの船です。
Imgp0270


さ、今年も拝顔巡業が始まりました。みなさま、よろしくお願いいたします。ネットだけのつながりではなく皆様の御顔を拝見して心にとめるお顔を思い浮かべながら祈念しておりますぞ。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年4月 8日 (月)

北海道拝顔巡業中にスマホから送信できなかった記事その2。

スマホに登録の投稿アドレスがココログさんのリニューアルで変わっていました。北海道拝顔巡業先から以下のように再トライ、無駄な抵抗でした。出発前に確かめておけば良かったのですが・・

2度目であきらめました。いくつか写真を撮ってきていますので、明日、北海道拝顔巡業をまとめて記事にして配信します。

----------

昨日は帯広、今日は札幌拝顔巡業です。ココログさんのリニューアルで、スマホからのブログ投稿がうまく行かないでいます。
昨日の帯広駅前の巨大温度計。この投稿が成功しますように、エイッ!

Dsc_1460

北海道拝顔巡業中にスマホから送信できなかった記事です。

北海道拝顔巡業中はブログに写真を更新しますと言っておきながら、先般のココログさんのシステムリニューアルにより、スマホに登録していた投稿アドレスが新しいアドレスに変わっていまして、巡業先から投稿できませんでした。以下のように送っていたのですが・・

----------------------------

今日と明日は北日本は悪天候のため、昨日仙台港を出て、大平洋フェリーで、先ほど、苫小牧港につきました。北海道ご拝顔の皆様、明日からよろしくお願いいたします。
今日から明日にかけて日本海側は荒れる予報でしたので、一足早く北海道に着いてほっとしています。

Dsc_1454

2019年4月 2日 (火)

祝。新元号「令和」。白馬は4月の積雪です。

昨日は、新元号「令和」が発表されました。お祝い申し上げます。私は文学的に疎いので、旧暦の2月を意味する嘉辰令月の令月は万葉集からきているんだと初めて知りました。春になって花が咲き、自然との調和の中であたたかい心にさせる縁起の良い元号です。5月1日政令施行日ですので、4月中はまだ平成ですね。

大変な時代の中にも、心に花が咲き、優しい心でいられますようにお祈り申し上げます。


Dsc_1449-002

さて、昨日の白馬は雪降り。でも日中は気温が2~3℃と高かったので積もらなかったのですが、夜に-5℃になって今朝はご覧の通り久しぶりに積もりました。まだまだ降りそうな日がありますのでスタッドレスは履き替えることができません。今朝未明には国道148号線でノーマルタイヤのトラックが動けなくなったり、2台が絡む事故で国道が一時通行止めになったようです。秋と春にはよくある風物詩になっています。

お気を付けくださいませ。

追記。

Dsc_1450-002

4月2日は朝方に一度晴れ間がさしたものの、ずっと雪降りで冬が戻ってきてしまいました。夕方前の庭です。キーンと引き締まる寒さになっています。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

無料ブログはココログ