至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 今日は八ヶ岳。行者小屋です。 | トップページ | 明日は名古屋拝顔巡業です。 »

2019年6月27日 (木)

八ヶ岳連峰・赤岳、天国への階段ー文三郎道

Dsc_1599-002
昨日は、八ヶ岳山行でした。いくつか写真を撮ってきましたので掲載します。各写真はクリックすると大きくなります。
八ヶ岳連峰の主峰・赤岳(2899m)へのルートは複数ございます。
山梨県の清里側から、直接赤岳へと突き上げる①真教寺尾根や②県界尾根ルート。いずれも上部は鎖場やはしごが連続する岩場の難ルートです。
主稜線の縦走。③横岳から南に縦走するルート、④権現岳から北上するルート。前者は横岳の鎖場がスリリングですし、後者は網笠山から長く、そして、赤岳が近づくと高度感のある鎖場の難ルート。
長野県側の行者小屋を起点。⑤阿弥陀岳から中岳を東へと縦走し、これもまた山頂直下は鎖場が続く厳しいルートです。行者小屋からいったん主稜線へと突き上げる⑥地蔵尾根ルート。行者小屋から一気に赤岳へと突き上げる⑦文三郎道ルート。

どれもが、赤岳特有の難所だらけの火山性の岩山であります。今回は文三郎道(ぶんざぶろうみち)の写真です。冒頭の写真は文三郎道の上部から、八ヶ岳展望です。右から横岳(鉾岳~奥の院)、硫黄岳、峰の松目、奥には蓼科山です。

Dsc_1589-002
行者小屋のテント場を抜けて南に5~10分ほど登ると、右に阿弥陀岳ルートと左に文三郎道が分かれます。文三郎道に入ると、いきなり急な登りが始まります。それも、序の口で、そこから5~10分ほど登ると・・

Dsc_1593-002
天に突き上げる急な階段が出現します。天国への階段とは名ばかりで、これが断続的に標高差約250mも続くのです。ここから文三郎道の終点までの標高差は虎ノ門ヒルズを階段で登るようなものです(汗)。

Dsc_1594-002
眼下に小さく行者小屋です。中ごろまで登ってきた写真です。まだまだ続く、天国への階段。

Dsc_1595-002
行者小屋がだいぶ小さくなりました。3分の2は登ったでしょうか。

Dsc_1598-002
もうすぐ、阿弥陀岳ー中岳ルートとの合流です。真ん中が阿弥陀岳(2805m)、手前やや左のジグザグのルートが見えるのが中岳です。ここまで登れば、もうすぐ文三郎道が終わって・・なんの、まだまだ。これから赤岳本体の岩場の鎖場の急登りに変わります・・結局、赤岳山頂まで急登りという事です。行者小屋からの標高差は虎ノ門ヒルズを2回登ることになります。

Dsc_1605-002
急な岩場を登り切れば、主稜線の標識です。岩にへばりつくように鎖がかけられていて、いちおう登山道ですが、普通の道はありません。ここを右へと左に切れ落ちる高度感のある岩肌をトラバースして5~10分で赤岳山頂です。

Dsc_1606-002
稜線は諏訪側から清里側にかわるところで、一気に東の視界が広がり、眼下に清里から登る真教寺尾根、遠く富士山を見ることができます。写真右手の岩山は主稜線上の竜頭峰です。この向こうから真教寺尾根ルートに落ちています。スリリングなところですぞ。

Dsc_1608-002
赤岳山頂(2899m)。登山口の美濃戸から標高差約1400m。特別祈願で神通清浄祈と浄縁祈の経文を唱えてきました。下りは地蔵尾根から行者小屋に下って美濃戸です。お祈りをしながらでしたので、走りましたが登り5時間下り3時間の合計8時間かかりました。山頂から下る途中「気を付けてね!」と山頂から叫んでくれる登山者のお姉さん方がいたりして、ありがたかったです。知らないところで有名になっている・・有名になりたくないのに(笑)

天高き事一万尺から皆様の平穏をお祈りしています。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 今日は八ヶ岳。行者小屋です。 | トップページ | 明日は名古屋拝顔巡業です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は八ヶ岳。行者小屋です。 | トップページ | 明日は名古屋拝顔巡業です。 »