至心玄道公式サイト

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 辻説法|知らないという事を知らないという事。 | トップページ | 京都アニメーション放火事件|謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 »

2019年7月18日 (木)

梅雨の時期の白馬岳連山の高山植物です。

この頃の白馬はアルプスに雲がかかっていて、登ると視界がさえない日が続いています。梅雨の時期は稜線の展望に恵まれないとしたものですが、その代わりに足元に咲く高山植物が文字通り「花を添えて」くれます。いくつか紹介しておきますので、かわいいお花を見て心を休めてくださいな。

Dsc_1672-002
ツマトリソウ。樹林帯に生息するサクラソウ科の花です。花の先端が縁どられている「ツマ」からこういう名前が来ています。

Dsc_1622-002
ゴゼンタチバナ。ミズキ科の花です。急登りにあえぐ登山道わきによく見かけます。

Dsc_1625-002
ショウジョウバカマ。ユリ科の植物。酒をよく飲む仮想の動物「ショウジョウ」の色をした袴(ハカマ)から、こういう名前になったそうです。

Dsc_1623-002
コイワカガミ。岩場に多く生えていて、葉に鏡のような光沢があるのでこういう名前になっています。

Dsc_1631-002
チングルマ。高山帯の雪田の雪解けあとに白い花を咲かせるバラ科の植物です。花が終わるとヒゲになります。

Dsc_1633-002
コバイケイソウ。雨のところ、天狗原できれいに咲いていました。ユリ科の植物です。

Dsc_1635-002
ハクザンチドリ。ラン科の植物です。花の形がチドリが飛ぶ姿にいていることからこういう名前になっています。

他にも撮ってきていますが、全部載せると高山植物図鑑になってしまいますので(笑)、このへんでおしまい。高山植物カテゴリーもご覧くださいな。天気の悪い日が続くときは山々の写真は良いのが撮れませんのであしからず。

雨の日は雨を楽しみ、晴れの日は太陽を浴び、雪の日には雪と戯れる。

形にとらわれない自然なすごし方もいいですぞ。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。  

« 辻説法|知らないという事を知らないという事。 | トップページ | 京都アニメーション放火事件|謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 辻説法|知らないという事を知らないという事。 | トップページ | 京都アニメーション放火事件|謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 »