至心玄道公式サイト

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 立山連峰|初冠雪を拝みに登ってきました。 | トップページ | 辻説法|来年の干支は、ねずみ年? »

2019年11月 2日 (土)

北アルプス|剣立山連峰の初冠雪、立山山頂からの展望です。

北アルプス北部に位置する白馬岳連山が属する後立山連峰の初冠雪は10/22日に訪れたものの、かなり融雪が進んでしまいましたので、一昨日10/31日に白馬を離れて立山連峰に行ってきました。初冠雪の順番は年によって違い、白馬が一番早い時もあれば、どうかすると、まれに南アルプスや八ヶ岳のほうが早い時もあります。大自然は気まぐれな生き物ですね。

一昨日白馬に帰ってきて、少し落ち着きましたので、霊峰立山標高3003mの山頂からの展望の写真を整理して掲載します。展望と申しましても山ばかりですが(笑)ご覧になって心休めてくださいな。各写真はクリックすると大きくなります。

Imgp0866
大汝山(3015m)への稜線から、手前から順に、右に大汝山。左に高度を落として真砂岳、その上が別山。別山の向こうの黒い山が剣岳です。剣岳の左端には毛勝三山も写っています。遠くの水平線は日本海です。晴れて穏やかに見える写真ですが、山頂付近はもちろん氷点下で風はものすごく、唱える経文も強風に吹き飛ばされていきます。雪も風に飛ばされて山頂は雪付が悪いです。気温や風が写らないのが残念です(笑)。

Imgp0850
黒部の谷の向こうに、北アルプス北部、後立山連峰の鹿島槍ヶ岳。幾度か出向いているのでなじみの深いところで、数年前の初冠雪に登っています。立山からの角度で見ると鹿島槍ヶ岳は北峰とかぶってしまって双耳峰ではなく尖峰に見えます。鹿島槍ヶ岳の初冠雪は融雪して少ししか残っていません。

Imgp0851
同じく、後立山連峰の爺が岳です。こちらも私のとってなじみの深い山で、冬季ルート上では神々との語らいの場でもあります。初冠雪は完全に融雪してしまっています。

Imgp0852
同じく、後立山連峰の蓮華岳は北面の雪が残っています。右の針の木岳はかなり融雪しました。この山域もよく訪れたエリアです。

Imgp0853
遠く、八ヶ岳連峰です。毎年、数回は必ず訪れる山々です。

Imgp0854
さらに遠く、冠雪した富士山です。

Imgp0855
ここから北アルプス南部です。大天井岳(2922m)方面です。手前の稜線との間が、高瀬川渓谷の谷です。左端の薄い山影は、南アルプスの一部です。南アルプス方面は、40年あまりお世話になった山脈で、安倍川沿いも含めて、そのほとんどを行きつくしている、私にとって故郷みたいな山域です。

Imgp0856
北アルプス南部、槍穂高連峰です。目立つ尖峰は槍ケ岳(3180m)。手前の冠雪した稜線は黒部川源流部の東の山々。中央が野口五郎岳(2924m)、右下の谷は黒部川源流の上流。

Imgp0860
北アルプス南部、薬師岳(2926m)です。独特のカール地形が複数あるので目立ちます。右手前の雪がない平らは五色が原のようです。

Dsc_0204
立山山頂直下の三の越から室堂を見下ろしたところです。中央のみくりが池の左に小さく写っている建物がたくさんの観光客がいる室堂ターミナルです。 正面の山は大日岳連山。まだ冠雪していません。水平線は日本海です。

Dsc_0189
上の写真の逆。室堂から初冠雪の立山連峰を見上げた写真です。下ってきたら、室堂に観光に来ていた外人さんに呼び止められて、山を指さして「Did you climb over there?」 と聞かれました。「Oh yes. I walked for five hours.」と、片言で答えると、「Wow! amazing!」と言って喜んでくれましたが、あまり英語で話しかけないでくださいな(笑)。

室堂は平日ですいていると思ったら外人さんでごった返していました。皆さん、ご遠方から来られて、いいお天気で初冠雪を見ることができて良かったですね。

しかし、山の上は氷雪に閉ざされて、登山シーズンの登山客の賑わいが嘘のように、静まり返る冠雪した北アルプス立山連峰の冬の始まりです。令和2年度隆盛安泰祈願にご参賀の皆様には、キーンと引き締まる天空から、新しい年の隆盛とご安泰をお祈り申し上げます。

令和2年度隆盛安泰祈願の受付中です。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 立山連峰|初冠雪を拝みに登ってきました。 | トップページ | 辻説法|来年の干支は、ねずみ年? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 立山連峰|初冠雪を拝みに登ってきました。 | トップページ | 辻説法|来年の干支は、ねずみ年? »