至心玄道公式サイト

フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 天高き事一万尺、栂池から雪の白馬岳連山を望む。 | トップページ | 亜甲中玄|炎気亥から凄子へと時が進みます。 »

2019年12月29日 (日)

パンスターズ彗星(C/2017 T2)|続報12/28/2019

2017t2
C/2017 T2 Comet PanSTARRS
Dec.28 2019 20h53m JST / Super Takumar 135mm F4/2.5 PENTAX K70 iso6400 25sec. / in白馬村 by玄上

先月11月30日に撮影したパンスターズ彗星を12月5日のブログで記事にしましたが、それから一か月後の続報、12月28日のパンスターズ彗星です。

写真中央のやや緑がかっていて、左斜め上に向かって薄くオタマジャクシのしっぽのような尾を引いているのがパンスターズ彗星です。クリックすると大きくなります。写真は、下が西、左が南になります。追尾装置がうまく連動せずに、星像が少し線になってしまいました。

現在ペルセウス座にあり、前回より1等級明るくなって9等級になり、南に延びた尾も10'ほどに長くなっています。尾は地球から見る角度によって方向と長さが変わりますが、先月と比べると成長してきました。2020年5月の近日点通過に向けて、順調に明るくなってきています。

さ、もうすぐ大晦日、そしてお正月です。彗星が夜空を駆け巡るごとく、時が経っていきます。皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

尊無上亜甲中玄   玄上

令和2年度の隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

« 天高き事一万尺、栂池から雪の白馬岳連山を望む。 | トップページ | 亜甲中玄|炎気亥から凄子へと時が進みます。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天高き事一万尺、栂池から雪の白馬岳連山を望む。 | トップページ | 亜甲中玄|炎気亥から凄子へと時が進みます。 »

無料ブログはココログ