至心玄道公式サイト

フォト
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2019年2月 6日 (水)

北アルプス白馬岳連山に隠れゆく秋の星。「カシオペア座、アンドロメダ座、おひつじ座」

Imgp0081
白馬岳連山と星空です。白馬村からは白馬岳連山は西に位置しますので、今頃は、夕暮れから午後9時ごろにかけては、カシオペア座、アンドロメダ座、おひつじ座という秋の星座が、西の空にあり、アルプスへと隠れてゆきます。この頃、天には冬の星座、東には春の星座が昇ってきています。
(Feb.5 2019  20h46m / smc pentax 18mm F5.0 iso25600 5sec)



Imgp0083
10分露光してみました。皆さんは、上の静止した星の写真と、日周運動で流れたこの写真のどちらがお好みですかな?
スキー場のナイターの明かりで周辺の山が明るく写っています。光害も味方につければ、面白い写真が撮れますね。
(Feb.5 2019  20h50m~21h00m / smc pentax 18mm F5.6 iso400  600sec)

(※写真をクリックすると大きくなります。戻るボタンで戻ってきてくださいな。)



いつもは明るいうちの北アルプスの写真 を掲載していましたが、夜のアルプスは神秘的です。昨夜の白馬はキーンとマイナス5度に冷え込んでいました。幻想的な写真で心を癒してくださいな。

今年の心。隆達齎心祈願、三守護特別修法、受付中です。

 
尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2018年12月30日 (日)

年末寒波。お見舞い申し上げます。

Dsc_1364_002

12月27日から年末の寒波が各地で猛威を振るっています。皆様のところはいかがでしょう。白馬は27日の午後16日からずっと雪が降り続いています。雪国の皆さん、除雪作業など大変ですね。お互いに頑張りましょう。雪国でないところの皆様も、冷え込んできていますので、風邪なぞ引かぬよう頑張ってくださいな。

Dsc_1357_00212月27日午前。雪が降る前の道場の庭です。その前に降った雪もほとんど融けていたのですが、来る時は来るものですね。一気にやってきましたぞ。
何が?・・大雪です(笑)


Dsc_1360_00212月28日の朝。一晩でたくさん降りました。さらに降り続いているところです。毎日が除雪作業の日々ですね。




Dsc_1368_002_212月30日。除雪でできた雪の山も始まりました。今日で3日目です。明日の未明まで降るそうなので、明日の朝に除雪作業の後、そこでやっと一息できそうです。もうひと踏ん張りですね。



さ、今年もあと1日。遠い空の下から応援していますぞ。

平成31年、新時代初年度の隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。


 

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2018年12月14日 (金)

白馬村が積雪しました。この冬初めての除雪作業です。

Dsc_1349_002

この冬初めての積雪です。写真はJR大糸線、信濃森上駅です。駅前の老桜に雪の花が咲きました。右の看板は1998年の長野オリンピックの時のものです。

Dsc_1346_002この冬初めての除雪作業です。朝、20cmほどの積雪となりました。昨年は11月下旬に東北方面拝顔巡業に出発の朝が除雪初めでしたので3週間近く遅いですね。



Dsc_1347_002いつもおなじみの道場の前の道の光景です。五竜とおみゲレンデ、八方尾根リーゼン、栂池はんのき上部が12月15日、明日オープンするそうです。

キーンと引き締まる冬がやってきました。遠い空の下から応援していますぞ。


平成31年、新時代初年度の隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2018年12月11日 (火)

積雪が遅い白馬ですが、そこまで冬はやってきています。

Dsc_1342_002

例年ですと、すでに積雪している里でありますが、今年は雪が遅いですね。アルプスは真っ白になっていますが、里には全然雪がなくて、松川の河川敷は、まだ散歩やランニングができる状況です。今朝の道場の寒暖計はマイナス7度。白馬の観測所の最低気温はマイナス4.8度ですが、道場のあるところは観測所より2度寒いようです。地震も、観測所のほうが小さく出て、道場では震度2なのに観測所では地震がないことになる時もあります。村長が観測所の温度計を温めて、震度計を免振装置の上においているのではないか(笑)という冗談を言っています。


Dsc_1343_002八方尾根スキー場方面です。生活する分には雪がないと助かるのですが、スキー場は困ります。11月後半の連休にオープン予定でしたが、雪が少なくてオープンできません。ゴンドラやリフトが動かないので私も八方尾根には登れません。困ったものですね。


外国から冬のバケーションに来られているのに、雪がないのでお気の毒です。でも、もうすぐ一部はオープンできるようになるかもしれません。スキー関係者の皆様も気をもんでおられることと思いますが、早く滑ることができるようになるといいですね。


平成31年、新時代初年度の隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。

 
尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです



2018年11月 2日 (金)

北アルプス白馬岳連山が冠雪しました。2018

Dsc_1278_002

稜線の雲が晴れました。八ヶ岳方面から帰ってきて5日目にして、やっと稜線の冬型の雲が晴れた今朝の白馬三山です。冬の北アルプスは一旦吹雪くと数日間は大変なことになりますね。


晴れた日に初冠雪の写真を載せると言っていましたが、お待たせしました。今朝の里の気温は氷点下2度、だんだんと冷えてきました。皆様のところも冷えてくると思いますので、寒暖の差にご注意くださいな。


平成31年、新時代初年度の隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。

 
尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年10月30日 (火)

北アルプス白馬岳連山に雪が来ました。2018

1801030_1025
先日、八ヶ岳方面に出向いてきましたが、昨日から北アルプスは冬型になってずっとしぐれています。里からは八方尾根の八方池山荘あたりまで雪が降りてきている様子を時々雲の間から見ることができますが、雪雲がかかっていて視界はありません。


天狗原への登り口にある標高約1900mのところの栂池自然園にも雪が来ました。明日も冬型の雲が稜線にかかって視界がないようですので、晴れた日に改めて写真を掲載します。


キーンと引き締まる天空から、新しい年の隆盛と御安泰をお祈りしています。

平成31年、新時代初年度の隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。

 

 
尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年10月25日 (木)

冬が来る前の雲上の北アルプスです。

Img_1984
先日、東京都内の大学に用事があって、中央道を新宿に向かっている時、長野道から冠雪した穂高岳連山や中央道から冠雪した富士山を見て、白馬の里からはまだ白馬岳連山の初冠雪が冠雪していないことを思い、今年は、南のほうが雪が早い変な気候だと思いました。新時代の始まりの新しい年の傾向を予感する現象です。


白馬岳連山の稜線は塩をまいた程度の雪とハイマツにへばりついている氷で、里からの冠雪は観測できません。でも、週明けから冷え込むと聞いていますので、みなさま、気温の変化にご注意ください。


なお、白馬岳連山の山小屋はすべて冬季閉鎖しています。登山される方は、来年のお楽しみという事で、お近くの低山ハイクがよろしいかと思います。

誰もいなくなった雲上の天高き事一万尺で、神通清浄祈の経文が風に舞っていくこの頃です。


尊無上亜甲中玄

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。 

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年9月 2日 (日)

北アルプス白馬岳連山、トウヤクリンドウです。

Dsc_0865_002

久しぶりのブログの更新です。北アルプス白馬岳連山にトウヤクリンドウが咲いています。トウヤクリンドウが咲くと、アルプスの短い夏は終わり、稜線は秋山となります。あと一か月もしないうちに霜が降りたり、雪が降ったり、アルプスは一足早く冬を迎えます。


写真は、杓子岳をバックに、白馬岳への稜線、約28000m付近に咲くトウヤクリンドウです。


尊無上亜甲中玄

 
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年7月27日 (金)

【大雪渓】もうすぐ8月。白馬大雪渓です。

Dsc_1319_002
白馬大雪渓。三号雪渓出合付近から葱平(ねぶかっぴら)方面を見上げたところです。左に、杓子岳の前衛峰がアルペンチックにそそり立っています。
もうすぐ旧岩室には直接行けなくなり、写真右からの陸になりそうです。雪渓の状態が薄くなるのが早くて、今年も一昨年みたいに9月になると大雪渓ルートが使えなくなるかもしれません。
Dsc_1321_002
3号出合から白馬岳側、白馬岳山頂付近から落ちる三号雪渓です。左上が山頂。
下界は猛暑ですが、雪渓の上は十数℃という気温です。風が吹きおろしてくると、体感はもっと低いですね。
今日も熱中症など、お気をつけください。
夏のお盆期、尊世特達法願・因縁浄化供養を受け付けています。

尊無上亜甲中玄   玄上

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年7月19日 (木)

【大雪渓】 白馬大雪渓から暑中お見舞い申し上げます。

Dsc_1314_002
白馬大雪渓から暑中お見舞い申し上げます。


各地で猛暑が続いています。熱中症など十分ご注意ください。水分の補給だけでなく、塩分などの電解質の補給に心がけてくださいませ。


白馬大雪渓は、ご覧のように、たっぷりの雪を蓄えて、雪上に立つと冷気が降りてくるので寒いです。雪の写真をみて、イメージだけでも涼しくなってくださいな(笑)



大雪渓までの写真を以下に掲載しておきます。(各写真はクリックすると大きくなります)



Dsc_1303_002県道白馬岳線に突き当たると、猿倉荘付近の駐車場があります。白馬岳を見上げて、山行の気持ちが高まるところです。今日は平日ですが、そろそろ夏山トップシーズンになってきましたので、たくさんの県外ナンバーの車が止まっていました。

Dsc_1304_002猿倉壮です。白馬岳に登るときには、ここで必ず登山届を出すようにしましょう。大雪渓は毎年、毎月、毎週と状況が変わりますので、ここで情報を仕入れておくと良いです。




Dsc_1307_002林道を30~40分ほど歩けば、登山道になります。登山道になって少し上ると、目の前の視界が開けて、雪渓を従えた白馬岳を見上げることができます。ここで、すこし冷気が漂います。正面下の雪渓は、左下に大雪渓に落ちる3号雪渓です。ここからはまだ大雪渓はみえません。



Dsc_1308_002猿倉壮を出発して50分~1時間ぐらいで白馬尻小屋に到着します。冷たい冷気の風が降りてきて、一気に涼しくなるところです。それでも、この猛暑で暑いですね。白馬の里と比べると約6℃、皆様のところとでは10~12℃ぐらい気温が低いのですが。
Dsc_1314_002_3白馬尻小屋から20分も登れば、白馬大雪渓です。冷蔵庫の中にいるぐらい冷えています。ただ、登山するときは思いのほか汗をかいているので、涼しいからのどが渇いていなくても充分な水分補給が必要です。大雪渓の登りで、熱中症にやられることもあります。




夏のお盆期、尊世特達法願・因縁浄化供養を受け付けています。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。


より以前の記事一覧