至心玄道公式サイト

フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2019年4月14日 (日)

八ヶ岳方面、雪と蒼天の飯盛山。

毎年、春には野辺山高原にある飯盛山に登っています。昨日から八ヶ岳方面に出向いてきました。今年で26年目ですが4月にこんなに雪のある飯盛山は初めてです。白馬からみると、ずいぶん南になるので、いつも春日和やたまに春雨の温暖な気候なのですが。
Imgp0290
 

遠くに富士山と飯盛山(1653m)の競演風景です。
Imgp0291


飯盛山は奥秩父山系の西の端。ほとんど八ヶ岳方面になります。飯盛山からは八ヶ岳の展望が美しいです。
Imgp0293  


南を見れば、私が白馬に来る前に山行を繰り返した南アルプスを望むことができます。写真左の雪の尖峰は日本第二の高峰「北岳」です。右に霊峰「甲斐駒ヶ岳」。
Imgp0294  

真っ白な雪上にて、神通清浄祈と、浄縁祈の経文を蒼天のもと唱えて、大守護聖源流光の祈りをしてきました。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。 

2019年4月11日 (木)

巨大ブラックホールのM87銀河はどこにあるか。

今朝の新聞で、M87銀河の超巨大ブラックホールの直接観測に成功したという記事が出ていましたが、夜空を見上げて「さて?どこにあるのかな?」という疑問無しに、多くの人々は「へーすごいんだ」という感じで3日も経てば忘れられてしまうかもしれませんね。

ま、それはさておき、M87はおとめ座銀河団の中心にあり、われわれの居る天の川銀河も局部銀河群を形成し、この銀河団一員なのです。M87はこの銀河団の重力的束縛を担っているとも言えますので、中心には超巨大なブラックホールがあっても不思議ではありません。

3月に super-takumar 135mm という45年前の望遠レンズを引っ張り出してきて、ペンタックスK70にとりつけて、おとめ座銀河団を撮影しています。さて、M87は下の写真のどこにあるでしょう?銀河の番号をふっていますので見つけてくださいな。写真をクリックすると別ウィンドウで大きくなります。

Virgo_cluster_10_20decl

次に、望遠では星座の中のどこにあるかがわかりにくいので、下の写真のようにしてみました。おとめ座銀河群はおとめ座やかみのけ座からたどるより、しし座からのほうがたどりやすいです。

しし座の写真は北海道巡業に出発前夜の4月3日にsmc-pentax da のズームレンズに星が大きく写るようにソフトフィルターをつけて撮影しています。左の四角いところが上の写真のエリアに相当します。しし座のお尻の部分の明るい星(β Leo.)デネボラから東に10~20度ほどたどったところのおとめ座とかみのけ座の境界におとめ座銀河団を見ることができます。
Leovirgo_cluster


春の星座は宇宙の窓と以前に申しましたように、大宇宙の奥深い神秘にふれることができます。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年3月20日 (水)

八方尾根から小蓮華山を望む。

明日は春分の日。お彼岸の中日です。八方尾根から小蓮華山を正面に徳達法願経文を唱えてまいりました。小蓮華山の山頂には天通剣が祭られています。眼下の手前左の山は、標高約2千メートルの小日向山です。

Imgp0179_2


さて、今日からニフティ・ココログさんのリニューアルに伴って作成の使い勝手が変わりました。手探りでやり方を覚えなければなりませんが、とにかく、写真はサムネイルでできていますので、クリックしていただければ大きくなります。


春のお彼岸の期間中、因縁浄化供養・尊世特達法願の受付ています。
尊無上亜甲中玄   玄上
毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。
雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年3月18日 (月)

八方尾根から不帰の劍~天狗の頭を望む。

Imgp0169

もうすぐ春分の日ですが、アルプスはたっぷりの雪を蓄えています。八方尾根を黒菱から下る途中、尾根の山肌の景色がダイナミックなところがあります。深い谷の向こうには北アルプスの稜線、不帰の劍から天狗の頭の難所が顔をのぞかせます。

今日は春の彼岸の入り。いいお天気に恵まれましたので写真を撮ってきました。最初の3日間はお天気がよさそうですね。雲一つない天高き事一万尺で特達法願経文を唱え祈願してきました。明日もいいお天気のようです。

春のお彼岸の期間中、因縁浄化供養・尊世特達法願の受付ています。

 

尊無上亜甲中玄   玄上 

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年3月17日 (日)

九州方面拝顔巡業2019 鹿児島・博多のお知らせ

追記:博多会場は満枠締切となりました。鹿児島会場はあと1枠です。

 拝顔巡業は、法話巡業のように皆様の前でお話しするのではなく、マンツーマンで御霊断を交えてお話をしながら力を得て欲しいと考えています。浄縁祈は土地のお祓い等を除き、通常は道場でしかいたしておりません。そこで、巡業では道場の御神前にて神事を行った力の御神符を直接お届けします。

 

 九州方面の皆様、御拝顔できる事を楽しみにしております。

 

・九州方面拝顔巡業日程

(受付は4月25日まで。または満枠になり次第締切。)

 

5月25日(土)鹿児島(天文館付近)

5月26日(日)福岡博多(JR博多駅付近)

申し込み方法 事前申し込みをお願いします。

以下形式にご記入の上、genjoe@nifty.com までご希望の会場名、「鹿児島会場」「博多会場」のいずれかを件名として、メールをください。詳しい会場と割り当て時刻は決定し次第ご連絡いたします。


---------------------------------


 ご住所

 

 

 電話番号

 

 申し込み者のご氏名

 

 

 同伴の方で御神符をご希望の方のご氏名

 

 

 メッセージをどうぞ

 

 


---------------------------------

 

 

2019年3月16日 (土)

おとめ座銀河団、春の宇宙の窓から望む

Virgo_cluster_2

Virgo Cluster / Vir. Group of Galaxies

Mar. 11 2019 23h20m super takumar 135mm f3.2/2.5 iso25600 4sec / pentax-K70 白馬村にて / by 玄上

春の星空は天の川から離れて、夏や冬の星空のような派手さはありませんが、遠い銀河まで見渡すことができます。宇宙の窓というお話をいたしましたが、壮大な宇宙の広がりを見ることができます。

写真は、おとめ座とかみのけ座にまたがるおとめ座銀河団です。135mmの望遠レンズでは収まりきれません。めぼしい銀河にナンバーマーキングしてあります。


おとめ座銀河団は千個の銀河がひしめき合っているところで、地球から四千~六千万光年のかなたにあります。写真ではそれぞれが小さく写っていますが、私たちの住む銀河系の何倍もの大きさのあるものもあります。スケールが日常とかけ離れているので、ちょっと想像がつきませんね。

でも、数千万光年というのは現宇宙のほんの一部なのです。さらに数億光年や数十光年オーダーの銀河団、さらには数百億年光年かなたへと広がっています。地味ではありますが、春の夜空は果てしなく壮大であり、尊無上亜甲中玄の奥深いエネルギーを垣間見ることができる時空であります。


明後日は春のお彼岸の入りです。因縁浄化供養・尊世特達法願の受付中です。

 

尊無上亜甲中玄   玄上

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年3月13日 (水)

亜甲中玄|来週は春のお彼岸の入りです。

.Sonsei_bana.


来週は春のお彼岸。3月18日が彼岸の入り、3月24日が彼岸の明けです。 啓蟄も過ぎて、いよいよ春分。太陽が黄経0度に戻ってくる日であります。その春分の日は3月21日、お彼岸の中日になります。


春のお彼岸、尊世特達法願・因縁浄化供養を受け付けています。どうぞご参賀ください。御聖徳様への思いが天高く届きますようにお祈り申し上げます。




尊無上亜甲中玄      玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年3月11日 (月)

東北の山の上からお祈り申し上げます。

Dsc_1441_002_2

啓蟄の祈願が終わり、東北方面の山、蔵王山系に出向いてきました。大守護聖玄徳光の積み重ねと東日本大震災から8年になりますので、山の上から太平洋を望み祈願をしてきました。


Dsc_1442_002昨日はいいお天気でしたので、遠く太平洋まで広く望むことができました。まだ何万人もの方々が仮設住宅など避難生活をされてたり、何千人もの方が行方不明になっているのも事実です。8年も経つと、東北方面以外の方は忘れつつあると思いますが、この日が来ると思い出しますね。

また、この8年の間にも大きな地震や豪雨災害に見舞われた方もいるかと思います。ここに改めて、災害への意識を高め、大難は小難に小難は無難になりますようにお祈り申し上げます。

Img_1849 上の写真は昨日3月10日のものですが、これは昨年4月5日のものです。見比べてください。今年のは一月前というのに、昨年の4月並みです。



Img_1299そして、一昨年の4月2日。今年は一か月前というのに、一昨年の4月より明らかに雪が少ないですね。

今年の春は雪融けが早く、白馬だけでなく、蔵王山系も早い雪融けです。一昨年より昨年、そして、今年とどんどん雪融けが早くなってきているように思います。「だんだん雪が少なくなってきましたね。」と、少し前はそういう会話がございましたが、ここ数年は、そのようなレベルではないほど雪が少なくなるのが加速してきているように思うのです。この気象の大きな変化。それが何を意味するのか。単に人間が出している温暖化ガスの影響だけなのか。いろいろと思わせるこの頃です。

今年の心。隆達齎心祈願、三守護特別修法、受付中です。

 

 尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年3月 5日 (火)

北アルプス。不帰の嶮です。明日は啓蟄。

Imgp0139

啓蟄。春の鼓動が聞こえるそのとき・・

明日は二十四節気の一つ啓蟄です。今年は里の雪どけが早いのですが、アルプスはまだ深い雪の中。その中に春の訪れを肌で感じるとき、雪の下では生命がうごめき始めています。蟄という字はまさに、土の下で虫がうごめき始めている様を表しているようですね。

写真は二股出合から見る不帰の剣。中央が帰らずの2峰。左の三つの頂があるのが不帰の3峰。右の尖峰が不帰の1峰です。

明日は啓蟄の祈願。春のエネルギーがみなさまにもたらされますように、天高き事一万尺からお祈り申し上げます。

あと二週間たらずで、春のお彼岸の入りです。因縁浄化供養・尊世特達法願の受付中です。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年2月15日 (金)

亜甲中玄|感謝週間が修行いたしました。

Imgp0086
たっぷりの雪を蓄えている冬の北アルプス五竜岳です。天気は下り坂で、空がもやっていますね。夕方から雪の予報が出ています。


さて、本日、感謝週間の御焼納が完了し、修行いたしました。これが終わりますと、深い雪の中にも春の足音が聞こえてまいります。


あと一か月で、春のお彼岸の入りです。因縁浄化供養・尊世特達法願の受付が始まりました。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。


より以前の記事一覧