至心玄道公式サイト

フォト
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2019年2月15日 (金)

亜甲中玄|感謝週間が修行いたしました。

Imgp0086
たっぷりの雪を蓄えている冬の北アルプス五竜岳です。天気は下り坂で、空がもやっていますね。夕方から雪の予報が出ています。


さて、本日、感謝週間の御焼納が完了し、修行いたしました。これが終わりますと、深い雪の中にも春の足音が聞こえてまいります。


あと一か月で、春のお彼岸の入りです。因縁浄化供養・尊世特達法願の受付が始まりました。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。


2019年2月13日 (水)

半世紀前の師匠のお姿に思いをよせて。

Dsc_1433_002

感謝週間の始まりにと山行に出向いた先が、岐阜県内のとある滝です。今から50年余り前に大師匠が修行をした山の中にあります。現在では観光化されて行場というイメージは消えつつありますが、深い山中には、荒れた小さなお堂があったりと、その名残を残しています。

Dsc_1434_002他にもいくつかの滝があります。この冬の時期ですが、今年はまったく雪がありません。白馬から出向いていくと、厳しいはずの滝ですが温暖に感じられます。

この山系の神様は、今でも道場や私のそばに飛んできてくれる不思議な力でお世話になっていますので、毎年、いつもの感謝の念を込めて山行におうかがいしております。

今年の心。隆達齎心祈願、三守護特別修法、受付中です。

 

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年1月 1日 (火)

平成31年、新元年。新年の御慶びを申し上げます。

合掌

  亜甲中玄の陽光、愈々輝きを増し、平成31年の暁を迎え、謝恩の意に義し奉る。

  諸難災厄を除かしめ、内より外に送る災いもなく、本年一年、御護り給わらんことを。

 尊無上亜甲中玄

      平成31年  元旦   玄上

 

N2019

 新しい年が爽快なる力で守られますよう、平成31年新元年の隆盛安泰祈願を受け付けていますので、どうぞ御参賀ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年12月31日 (月)

亜甲中玄|爽天戌から炎気亥にバトンタッチです。

Dsc_1373_002

昨年は御神沿の左奥の爽天戌の掛け軸を掲載しましたが、今年は道場の玄関正面のお飾りの写真です。御神沿も玄関も戌から亥へとバトンタッチしました。

大晦日になってやっと大雪がおさまって、新しい年へと衣替えしています。玄関のお飾りは、12月は柊(ひいらぎ)ですが、お正月はなんてんになりました。知行道慧の色紙も、立春までには新しい心の色紙に代わります。道場にお越しの方は御神前の左の炎気亥の掛け軸と玄関のお飾りをご覧いただけますね。

新しい年が炎の気で力強く邁進し、隆盛安泰となりますようお祈り申し上げます。

ただいま、平成31年、新元年の隆盛安泰祈願、お正月明け発送の分を受け付けています。どうぞ御参賀ください。最終は節分まで受け付けています。

 

尊無上亜甲中玄   玄上

 

 

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年12月 1日 (土)

冬の御挨拶と平成31年隆盛安泰祈願のご案内。

H3100

平成30年も12月に入りました。昨年は11月19日には白馬村の里が初積雪しましたが、今年は12月というのに、まだ雪が来ていません。でも、今日は冷え込んで、みぞれが降り始めているので、遅れている冬もそこまでやってきています。

さて、この2年間の間に御神符を郵送させていただきました方には、上のような冬の御挨拶を郵送させていただいています。今年は南アルプスの霊峰、甲斐駒ヶ岳と、北アルプスの杓子岳の険しい稜線を写真にしています。

新しい力で新年をお迎えできますように、平成31年安泰祈願のお知らせと共に、新しい年に向けてのお話を載せています。また、郵送でのお申込みをご希望の方に申込み用紙をこちらに載せています。プリントアウトしてお使いください。

平成31年、新時代初年度の隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。

 
尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年11月13日 (火)

亜甲中玄|平成31年隆盛安泰祈願の御霊書が完成いたしました。

合掌

平成31年は「己亥(つちのとい)」です。

平成31年隆盛安泰祈願 の耀隆徳源の御霊書「炎気亥(えんきい)」が出来上がりました。新しい年は年号が変わったり、新時代と申しましょうか、何かにおいて落ち着かない年になりそうですね。土と水の象徴で冷えた荒れた年になりそうですので、炎の気で力強く、流転の新しい年が、生成発展し、護られますよう祈念申し上げます。

ご案内お申し込みページに画像を更新しましたのでご覧ください。当ブログには12月にあらためて記事を掲載する予定です。

ただいま、平成31年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄    玄上

2018年10月29日 (月)

富士山と北岳の初冠雪です。八ヶ岳連峰、阿弥陀岳から。

Img_2000
八ヶ岳連峰、阿弥陀岳(2805m)の山頂から、雲の上に頭を出している、富士山の初冠雪の様子です。白馬岳連峰にも初冠雪がやってきました。こちらは平年より2週間ほど遅い初冠雪です。


Img_2003
南アルプス、北岳(3193m)の初冠雪です。北岳は日本第二の高峰です。写真の左側の鳥の羽を広げたような山々は、農鳥岳と西農鳥岳の三千メートルの峰々です。20年ほど前、私が静岡にいたころに出向いていた懐かしいところです。



Dsc_1276昨日の八ヶ岳は快晴。早朝の行者小屋前は放射冷却で氷点下、水場の流水が凍ってしまう気温でした。写真は阿弥陀岳の山頂から眼下に中岳、そして、八ヶ岳連峰主峰の赤岳です。


キーンと引き締まる天空から、新しい年の隆盛と御安泰をお祈りしています。

平成31年、新時代初年度の隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年9月27日 (木)

秋の味覚「栗」です。

Dsc_1233_002_2今月は、長野県内の小布施町や白馬村の方から栗を頂戴しています。写真は、昨日となりのお母さんにいただきました白馬の栗です。みなさま、大きな立派な栗をありがとうございます。

さて、栗を頂戴しましたら、栗ご飯を炊きます。炊き方は簡単。栗をむいてどんぶりの7割ぐらい用意します。みりんとお酒、等量合計3杯、塩を小さじ1~2杯(お好みで)入れて、ご飯と一緒に3合の割合で炊きます。25%ほどもち米にするとなおいいですね。栗がたっぷりの贅沢な栗ご飯です。

食欲の秋と申しますが、秋だけでなく、旬の味覚の食べ物には私たちの健康を維持するための意味があります。たとえば、秋に採れるきのこは、冬に風邪を引かないような抵抗力を高めたり、夏のスイカは熱中症の予防にも助かるし・・・。好き嫌いなしに、たのしく旬の味を味わうのもいいですぞ。

大自然のありがたい力は、何気なくも気づかぬところに、及んでいますね。

尊無上亜甲中玄

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年8月 8日 (水)

白馬大雪渓、白馬尻です。

Dsc_1329_002_2
今日は、白馬山系で心開綬感大玄行。台風13号が関東に接近していますが、白馬はまずまずのお天気。雄大なる大自然のエネルギーを感じる空間です。

尊無上亜甲中玄   玄上

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年6月21日 (木)

関東方面拝顔巡業2018 新宿巡業が修行いたしました。

Dsc_1288_002
関東方面拝顔巡業2018 新宿拝顔巡業が修行いたしました。ご参賀の皆様、ありがとうございました。
今年の関東巡業は2日間新宿で行いましたが、神奈川、千葉、茨城、埼玉、山梨方面からもご参賀いただき、お話をおうかがいしましたところ、だいだい1時間前後でおこしになられていたみたいで、電車で田舎に向かうよりも新宿のほうが良いとお話していただきました。
 
さて、その田舎ですが、新宿ではビルを見上げて新鮮な感じですね。白馬に帰ってきましたら、やっぱり田舎です(笑)。上を見てもビルがないというのは、落ち着きますね。

さて、今日は、夏至。夏至の祈願です。一年で一番太陽が高い日。皆様が陽光の力に照らされて元気になりますようお祈り申し上げます。


尊無上亜甲中玄   玄上


毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

より以前の記事一覧