至心玄道公式サイト

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年6月20日 (火)

【大雪渓】白馬大雪渓。明日は夏至です。

Dsc_0701_002


2017/6/20
 今日は白馬大雪渓、2号雪渓出合からの写真です。杓子岳の前衛峰がダイナミックにそそり立ってアルペンチックな気分になります。しかし、この付近より上部は白馬大雪渓のニュースなどでおなじみの落石や雪崩の遭難事故の多いところです。


 さて、明日6/21日は二十四節気の一つ「夏至」です。太陽が一年のうちで一番高い日。アルプスの日差しもピークとなっています。雪からの照り返しで大雪渓は2倍の陽ざしで、サングラスをしていないと雪目(目のやけど)になってしまうので大変です。お肌の日焼け止めも効かずに、真っ黒に雪焼けしてしまいました。


Dsc_0700_002冒頭の写真の方向から90度右を見ると、白馬岳山頂の南のケルン付近から落ちる2号雪渓です。今の時期は、落石が多くて使えません。かといって、早い時期は雪崩が多く、しっかりと締まっている日の山スキーでの降下となります。


Dsc_0697_002こちらは先日記事にしました3号雪渓です。白馬岳山頂の絶壁から落ちる雪渓です。2号の途中から3号に流れ込む事もできます。今の時期はすでに2号同様に使えません。


大雪渓のお話が続き、稜線のお話をもったいぶっておりますが、順番にお楽しみくださいな。葱平上部、小雪渓のトラバースが切られて一般の方が登山できるようになる直前からお話したいと思います。


尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年3月20日 (月)

今日は春分の日。北アルプスは快晴。八方尾根です。

Dsc_0582_002
 
今日は春分の日。北アルプスは快晴に恵まれました。春とはいえ、気温は氷点下。雪は凍って硬い状態です。とても締まっていて、アイゼンが必要です。滑落すると止まりません(汗)。写真は八方尾根の標高2000mの稜線から、天狗の頭~白馬三山~小蓮華山です。
 
天高き事一万尺にて、神通清浄祈と尊世徳達法願の肝要文を唱え、祈念してまいりました。
 
今日は春分の日の3連休の最終日。アルペンラインのゴンドラで登ると、ゴンドラステーションがスキーヤーで混雑しているので、まだスキーヤーの来ないうちにひっそりと咲花からリフトを5本乗り継いで、こんな感じで山行のスタート地点の八方池山荘まで登りました。主に、八方尾根スキー場の宣伝(笑)を兼ねまして、写真を載せておきます。
 
Dsc_0574_002午前7時30分。八方尾根スキー場の咲花(さっか)ゲレンデから、北尾根リフトで北尾根に登ります。咲花は緩斜面のゲレンデで、急斜面ばかりで上級者志向の八方尾根スキー場にあって、唯一の初心者やファミリー向けです。
 
 
Dsc_0575_002北尾根から林道を少し滑り降りて、スカイラインペアリフトに乗り継いで黒菱に登ります。一気に標高を稼げるところですね。ここから上は強風の時はリフトが止まります。
 
 
Dsc_0576_002
黒菱クワッドリフトに乗り継いで、黒菱第3リフトの乗り場へとこの写真の右の斜面を滑って下ります。 この時期の朝一番の雪面は凍っていて滑るのも軽快です。
 
 
 
Dsc_0577_002黒菱第3リフトに乗り継いでグラードクワッドへと向かいます。
 
夏山や秋山は黒菱第3リフトの乗り場まで林道をつかって自動車で登れますが、冬はこのようになっています。
 
左の斜面は日本のスキー場で5本の指に入る難コースの黒菱のコブ斜面です。八方尾根スキー場は全体的に難易度が高いので有名らしいです。
 
 
Dsc_0578_002鎌池平原からグラードクワッドに乗り継いで八方池山荘に登ります。左に五竜岳が写っていますが、このあたりから風景が高山の様相となってきます。
 
 
 
Dsc_0581_002積雪期の八方池山荘です。右の建物はグラードクワッドの降り場です。ここが八方尾根スキー場の最高地点です。山荘前にスキーの板を置いて、いざ、八方尾根の稜線へ登っていきます。
 
 
 
Dsc_0579_002_3
さて、ここからが、いよいよ山行。唐松岳へと続く八方尾根上部の稜線から南を見れば、尾根の急斜面越しに鹿島槍ヶ岳の北面です。雪面は凍って締まっているので緊張するところです。
 
 
 
 
Img_1274
帰りは八方池山荘で再びスキーを履いて里に下ります。八方尾根スキー場名物の兎平の急斜面を滑ってみました。八方池山荘から里までの標高差1000mあまりを一気に滑り下るとやっぱりハードですね。朝は締まっていた斜面もゆるんでボコボコになってきています。やっぱり春です。下にゴンドラステーションが見えますが、混んでいますね。
 
眼下の白馬の里はご覧のように春霞です。今日の里は花粉が多かったみたいで、花粉症の人は大変ですね。でも、アルプスの高いところは花粉がありません。
 
春分の日は春のお彼岸の中日です。お聖徳様に特達法願の念を込めてお祈り申し上げます。
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年2月26日 (日)

辻説法|一月行く、二月逃げる、三月去る。

合掌
 
久しぶりの辻説法です。
 
「一月行く、二月逃げる、三月去る。」、まさに、今の時期です。毎年の事ですが、1~3月というのはあっという間に過ぎ去ってしまいます。
 
まず、1月。年末年始があり、リズムに乗りにくく、上旬は機能しないことが多いものです。
 
2月は言わずと知れた、28日しかありません。いつもの月なら26日ですと、あと4~5日はあるのですが、今月はもうすぐ終わります。
 
そして3月。これは、2月の〆から数えると、3月の〆まで、いつもの月よりも2~3日は少ないわけで、2月の影響を受けているのが意外と盲点になります。
 
実は、この時期があっという間に去ってしまうのは、そういう理屈だけではなく、根本的に春の訪れという変化の時期にあたるのです。年度替わりであるのはもちろんなのですが、大自然の営みにおいても、変化の時なのです。
 
いわゆる1~3月というのは、本格的な一年の本編に向けての昨年からの変動の時期なのです。大切な時期ですね。ですから、隆達祈願や三守護特別修法で新しい年の本編に向けて力をつけようというものなのです。
 
一年の四分の一がすぎて、さあ、本番が始まりますぞ。しっかりと、心して邁進できますようお祈り申し上げます。
 
 
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年2月19日 (日)

今日は雨水(うすい)。風雲舞う厳冬期の北アルプスです。

Dsc_0553_002
 
風雲舞う北アルプス白馬連峰です。今日(2/19)は強風のため、八方スキー場の黒菱に登るアルペンクワッドリフトは運休になっていました。八方尾根の稜線は日中でもマイナス10度前後、強風で雪が巻き上がって地吹雪で、体感気温はさらに低い状態です。
 
写真は八方尾根の黒菱から見る烏帽子沢を正面に天狗の頭方面です。左側に不帰のキレットがあるのですが、風雲の中にうっすらと見ることができます。
 
Dsc_0550_002八方尾根の稜線から小蓮華岳方面です。ときおり、白馬岳も顔を出してくれました。 今日(2/19)は二十四節気の一つ「雨水(うすい)」、暦の上では雪が雨に変わる春の始まりですが、稜線はまだまだ厳冬期であります。
 
 
Dsc_0552_002_2黒菱平から北尾根方面に下る途中から写した八方山です。地吹雪で舞い上がる雪と、風雲がまるで白龍神様の如き姿です。 心が引き締まりますね。
(写真をクリックすると大きくなります。)
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 

2017年2月 2日 (木)

もうすぐ立春。陽光の縁起良き日和です。

Dsc_0531_002明日は節分。寿司を食べて豆をまく日でございます。そして、翌日は二十四節気の一つ「立春」です。暦の上では春の始まり、ですが、今日は寒波の到来で雪が降っています。よく冷えていて、最高気温が-5度より上がりそうにありません。 写真は除雪作業が終わった信濃森上付近の様子です。道路は圧雪です。
 
1月の寒気と比べれば、なんとなくではありますが春が近づいている気配を肌で感じますね。少し日も長くなり、厳冬期ではありますが、なにやら陽光の良い縁起を感じるこの頃です。
 
 
Dsc_0532_002_2 信濃森上駅構内です。ホームの乗降口の部分は熱線が入っていますので雪が融けています。線路はご覧の通り雪まみれですが、正常運転しております。
 
昨日は、東京から対面鑑定に来られましたが、午前中は良いお天気で良かったですね。夕方から降り始めた雪で、今朝は除雪作業の始まりでした。とても、いいお天気まわりにおこしになられたと思います。
 
私は、明日から蔵王山系に出向いてきます。北アルプスと比べると穏やかな山系ですが、緯度がこちらより高いので、厳冬期は厳しい寒さですね。キーンと引き締まる山中から、春の訪れの縁起にかけて祈念申し上げます。
 
 
 
 
尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年12月 8日 (木)

こよみ|大雪に雪になった白馬です。

Dsc_0442_002
昨日(2016/12/7)は二十四節気のひとつ「大雪(たいせつ)」でした。夕方みぞれになり、今朝はご覧の通り雪になりました。JR大糸線・信濃森上駅、里の初積雪です。


Dsc_0443_002「大雪に雪になった白馬です。」 という変な表題は、「大雪(おおゆき)」と読むと変ですので「大雪(たいせつ)」と読んでくださいな(笑)。


こちらは信濃森上付近の今朝の様子です。積雪10cmほど積もりました。昨日まで、全く雪がなかったのですが、積もると雪国らしくなります。


これから白馬に自動車でおこしになる時は、スタッドレスやチェーンの滑り止めが必要となります。


なお、3年~5年のスタッドレスは経年劣化でアイスバーンで滑りやすくなります。それ以上経っている場合やプラットホーム(スタッドレスのスリップサイン)が出ているスタッドレスタイヤはノーマルタイヤと変わりませんのでお出かけの前にチェックしておきましょう。


尊無上亜甲中玄    玄上

 
平成29年の隆盛安泰祈願の早期お申込みでより一層の力を。
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年11月22日 (火)

こよみ|平成29年(2017年)は丁酉。丁酉の性格。

来年、2017年は十二支の酉年です。そして、干支は丁酉(ひのととり)であります。60年に一度巡ってくる丁酉の年。丙申の方は還暦ですね。


丁酉は、火の影と金属を意味し、ます。火では燃えない金属。何かと相反します。理不尽な事が多い年となるかもしれませんが、来福ありますようにお祈りしておりますぞ。丁酉の年の世情、皆様を取り巻く情勢において、どういう年になるのかは、プレミアムメルマガ「玄上の運命を良くするお話」で12月じっくりお話いたしますので、登録してご覧ください。

さて、丁酉の方の性格ですが、気が強いものの繊細な神経の持ち主です。したがって、器用な反面、社交性に欠いてしまいます。内に秘めすぎないように、いろいろと繊細な気遣いができる長所を生かすと良いです。
来年、生まれるお子さんは大事に甘やかせると、社交性のない子になる恐れがあるのでご用心です。


ただいま、平成29年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中。来福となりますように「来福酉」ですぞ。

尊無上亜甲中玄    玄上

2016年2月29日 (月)

こよみ|2月29日、閏日

 今日、2月29日は、4年に一回巡ってくる閏日(うるうび)です。4で割り切れる年に巡ってきます。閏日があるのは、地球の公転周期(太陽の周りを一周する周期が、約365.25日であるから、0.25日分を埋め合わさねばならないからなのです。

 あまり知られていない事なのですが、厳密には、365.2422日なので、さらに端数が生じます。そこで、100で割り切れる年には閏日がなく、その中でも1000で割り切れる年には閏日があるということで埋め合わせをしています。さらに、それでも、厳密にはずれてくるので、閏秒などが入ったりしています。もし、閏日がなかったら、季節がだんだんずれていきますね。

 

 2月29日に生まれた人は4年に一度しか誕生日がない。でも、生物学的に歳を取らないわけもないので、3月1日に起算しているようです。

 

 さ、明日から三月。春になって地中の虫がうごめき始める「啓蟄」やひな祭りなど、春の始まりを感じさせる時期となりました。季節の変わり目、体調の変化にご注意くださいな。

 三守護特別修法の一つ「健徳増強」がおすすめです。

尊無上亜甲中玄     玄上


毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年2月 2日 (火)

こよみ|明日は節分

合掌

 

玄上です。

 

 明日は節分。どういう日なのか・・そう硬く考えずに、手っ取り早く申せば「豆をまいて、南南東を向いて巻き寿司にかぶりついて、いわしを食べる日」であります。そして、今年の場合、翌日は立春。まさに、平成28年の始まりであり、旧暦の新年です。1月1日はカレンダーでの年始ですが、節分から新しい年が始まると申しても良いかもしれませんね。

 暮れの寒行週間で会得した新しい年の御神符を、節分にあわせてお申込みするというこだわりの方もおられますし、国や地域によっては、旧暦の新年をお祝いするそうな。大切な節目の日なのですね。

 

 さて、皆様のご家庭では「鬼は外、福は内」と思いますが、私が幼い頃、節分の次の日が怖かったです。何故なら、何軒もの家から追い出された鬼が外にいるわけで「外は鬼だらけ」ということになると幼い心なりに想像したものでした()。と、言うわけでもないのですが、道場では「福は外、鬼は内」で、鬼を山に連れて行って空に昇ってもらいます。

 そうすると、空は鬼だらけですね()。肩身が狭い思いをする節分の日の鬼というわけですかな。鬼の目にも涙・・です。

 

 そんなバカなことを想像してもよろしいので、朗らかな春を迎える事ができますよう遠い空の下から応援しておりますぞ。今年の隆達祈願の心は「心の力の覚醒」です。どうぞ御参賀ください。

http://homepage2.nifty.com/genjoe/un68.html

 

尊無上亜甲中玄     玄上


毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2016年1月 1日 (金)

平成28年、元旦のお喜びを申し上げます。

合掌

 亜甲中玄の陽光、此々に輝きを増し、平成二十八年の早春の慶を拝し、新年を迎えしこと、謝恩の意に儀し奉る。

 諸難災厄除、生成発展叶、内より外に送る災いはなく、火難等の災いを除かしめ、隆盛祈願の念、本年一年、お守り給わらんことを。

尊無上亜甲中玄

            平成二十八年 元旦    玄上


Nenga2016

いつも寒そうな山や険しい山の写真を年賀状にしていましたが、ただでさえ、厳しいご時世ですので、そのような、厳しい風景ではなく、今年は心和んでいただこうと思い、高山植物でございます。

初夏のころに白馬尻付近に咲く「サンカヨウ」の花です。透き通るような真っ白な花は、山行の苦しさを忘れさせてくれるような輝きを放っています。行者のお気に入りの一つであります。

さて、新しい年が発展となりますよう、平成28年の隆盛安泰祈願を受け付けています。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

より以前の記事一覧