至心玄道公式サイト

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2019年9月16日 (月)

こよみ|敬老の日

今日は敬老の日。お年寄りを敬う日であります。

息子夫婦に言わせると孫がいるから私も対象だとか・・いや、いくらなんでも早すぎる(笑)。孫が二十歳を過ぎてからにしてほしいものですな。

さて、敬老とはいくつ以上なのかを考えた時に、65歳以上とか定年を過ぎてとか、いろいろとございますが、仕事の区切りがすべてではございません。若いころにやり残したことを余生の間にするのもよし、大志を抱いてもいいではないか。「大志を抱け」とは青年だけのものではありません。

「今から何かをする目的は」というのは、若いから目的があり、老いているからもう目的がない、そのようなくくりでは語れないものです。そもそも、物事を成し遂げるというのは、一生かかっても無理な人もいれば、5年で得る人もいます。そこで、一生かかっても成し遂げることができない青年と、5年で成し遂げる爺さんがいるかもしれないと考えれば、目的というくくりで行動するというのは意味を持たないのです。

たとえば、今から私が天文物理学の研究をするにしても、これからの青年に比べれば3割にも満たない時間であろう。そんなことして何になるんだと、笑われるかもしれない。青年はこれから70年、私は20年できたとして、そんなことをして何になるんだという事は、時間が長いか短いだけであって、なんら変わらないのです。そのような事を言っていると、青年の頃から何にもできないではないか。

山行も同じで、体育会系のワンゲル部などで鍛えている大学生は別として、大学生には負けません(笑)。若い人たちはスピードそのものは早いのですが、やがてバテてしまって、そこらで休憩している。そして休憩している間に抜かしてしまうという事になるのです。これぞ、長年身に付いたペース配分と山勘です。

だから何になるんだと笑われるかもしれない。しかし、何かにならなくてもいいではないか。足跡を残すことができなくてもいいではないか。生きて志を持ち続けるという事が大切ですぞ。結果云々を追いかけるより、黙々と進んでいる姿のほうが私は好きである。なぜなら、結果や目的なんぞこの世には存在しない。そのすべてが未来のすべてへの通過点にしか過ぎないからなのです。

還暦を過ぎたからとか、定年を過ぎたとか、そのようなくくりに惑わされることなく、生涯を過ごしたいものです。さ、爺さん婆さんの皆様、応援していますぞい!

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年8月22日 (木)

こよみ|明日は処暑。夏の終わりです。

明日、8月23日は二十四節気のひとつ「処暑」です。春分から数えて太陽黄経150度になる日。暑さも和らぎ秋の気配が始まるころ、ひと雨ごとに季節が遷り変わっていきます。アルプスでは秋の風が吹き始め、トウヤクリンドウが稜線に花を添えます。

お盆明けの白馬岳はずっと天気が悪いので、8月に写した高山植物の写真の一部を載せておきます。天気が悪いときは山々は見えませんが、足元の可憐なお花が目を楽しませてくれます。心休めてくださいな。各写真はクリックすると大きくなります。

Dsc_1692-002_20190822080401
テガタチドリ、ラン科の植物です。標高2400m付近、葱平の上に咲いていました。

Dsc_1729-002_20190822080501
ヨツバシオガマ。標高2700mの稜線付近です。

Dsc_1691-002_20190822080701
クルマユリ。葱平の標高2300m付近に咲いていました。

Dsc_1710-002
イブキジャコウソウ。標高2500m付近のお花畑。葉は芳香を出します。

以上は、今年の8月の写真から。

Dsc_0315
アルプスの短い夏も終わり、9月になって稜線で草紅葉が始まるころのトウヤクリンドウです。標高2700m付近、白馬岳~杓子岳稜線。これが咲いてくるとあと一か月あまりほどで稜線に雪が訪れます。昨年の写真です。

いよいよ天高き事一万尺は秋の気配が漂ってきます。里では気温の変化が激しくなってきますので、ついうっかり薄着で風邪なぞひかぬようにお気を付けくださいな。この週末は関東方面、新宿拝顔巡業です。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年8月 8日 (木)

こよみ|今日は立秋。北アルプスも秋の始まりですが。

今日は立秋。暦の上では秋の始まりですが、今日も暑くなりそうですね。みなさま、熱中症に気を付けてくださいな。写真は標高約2200m、葱平(ねぶかっぴら)付近の杓子岳前衛峰をバックに薄紫のミソガワソウの花です。これが咲くようになると、アルプスの短い夏の終わりが始まります。ミソガワソウは木曽川の味噌川から由来があるそうです。

Dsc_1728-002

標高2700mにある村営白馬岳頂上宿舎(村営小屋)の山小屋の玄関の寒暖計も最高20℃を超える時もあるこの頃、秋に比べると暑さによる体力の消耗が激しいです。水分や電解質の補給を怠ると筋肉が熱中症になってしまいそうですので、今の時期は注意が必要です。

猛暑の時期ですので、猿倉から白馬岳山頂往復も、秋よりも時間をかけて、休憩や祈願の時間も入れて9~10時間かけて往復しました。こういう暑い日は、急がず体力を温存し、花と雪と展望を楽しみながら登るのがコツですね。一般の登山では、早朝に猿倉を出発して村営小屋や白馬山荘でのお泊りがおすすめです。山の日の連休からのお盆休み、無理のない日程や時間行程でご安全にアルプスを楽しみましょう。

もうすぐお盆。特達法願の念をしてお祈り申し上げます。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年7月 7日 (日)

こよみ|今日は「小暑」「七夕」です。

今日は二十四節気のひとつ小暑です。そして7月7日は七夕です。毎年7月7日は七夕ですが、小暑は太陽が黄経105度を通過する日ですので、暦とのずれがあり、必ずしも7月7日ではありません。

さて、今夜は七夕。織姫様と彦星様が一年に一度デートする日であります。でも、毎年、梅雨の時期で今夜も空模様が怪しいようですね。きっと雲の上で私たちに黙って、ひそかに出会っているかもしれません(笑)。と、申してもあくまでも神話の中でのお話です。

ギリシャ神話では、竪琴引きのオルフェウスと、その妻のエウリデイケの間の悲しい物語になっています。オルフェウスの竪琴が「こと座」です。

ということで、今日はこのあたりの星空の神話のお話をいたします。

A_tanabata
この図は数年前にウェブアートデザイナーで私が作ったもので(わし座はaquとなっていますがaqlの間違いです。)、これを見ながらお話します。

こと座の「ベガ(織姫星)」・わし座の「アルタイル(牽牛星)」・はくちょう座の「デネブ」で夏の大三角形となっているというのは、みなさんご存じのところと思います。

まず、先ほどのこと座ですが、竪琴引きのオルフェウスの妻エウリディケが毒蛇にかまれて死んでしまい、悲しんだオルフェウスは冥土まで連れ戻しに行っきました。その帰りに、冥土の神様から、オルフェウスに「振り返らずに戻れば妻を返してやろう」といわれていたのに、冥土の出口でエウリディケがついてきているかどうか振り返って確かめてしまったのです。それで、二人とも冥土から出ることがなくなってしまいました。

わし座は、大神ゼウスが鷲に化けた姿で、少年ガニュメデスをさらって、みずがめ座にしたというのは、星空ファンの間では有名な話です。

はくちょう座は複数の神話があり、まず一つに、ゼウスの化身で、ゼウスはスパルタ国の妃レダに心を寄せて白鳥の姿で接近し、2個の卵から双子が生まれて、カストルとポルックスのふたご座になります。

二つ目に、先ほどでてきました、竪琴ひきのオルフェウスをアポロンが空にあげて白鳥の形をした星座にしたとも言われています。

三つ目に、ゼウスに叱られてエリダヌス川に放り込まれたファエトンを白鳥になって探し回る友人とも言われています。オリオン座の西側から南へと日本から見ることのできない一等星アケルナルに流れているエリダヌス座という川の星座もあります。

ざっと以上ですが、ま、ギリシャ神話の神様たちは、なんと申しましょうか・・なかなか面白いですね。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年6月21日 (金)

こよみ|明日は夏至、もうすぐ七夕です。七夕の夜空の見え方。

明日6月22日は二十四節気のひとつ「夏至」です。黄経90度、太陽がふたご座にある夏至点を通過する日であります。そして、あと2週間余りで七夕です。今年の七夕は7月3日が新月、9日が上弦ですので、午後10時ごろから夜空も暗くなって条件が良くなります。東を向いて仰角50度ぐらいに下の写真のように見えることでしょう。星座を結ぶ白線や星座や星の名前は空にはありませんが(笑)。
※写真はクリックすると大きくなります。

Tanabata

この写真は6月3日の夜中に私が白馬で撮ったもので、それに白線や文字を入れました。撮影データは6月5日のブログをご覧ください。田舎の暗い空でないと天の川は見えませんが、天の川を挟んで、織姫であること座のベガと、彦星であるわし座のアルタイルを見ることができます。はくちょうざは天の川にどっぷりと浸かっています。ベガとアルタイルとデネブを結ぶ三角形は「夏の大三角形」と呼ばれていることは皆さんも知るところですね。近くには「や座」や「いるか座」の小さな星座を見ることができます。

さて、7月7日というと梅雨の最中です。どうしてそんな星空の見えにくい日が七夕になったかと申しますと、明治初期に旧暦から新暦に変わったからなのです。旧暦の七夕は二十四節気のひとつ処暑の前の新月から数えで数えること7日目です。今年の処暑は8月23日ですので、その前の新月は8月1日、そこから数えると、梅雨が明けて夏空になった後の8月7日が伝統的な七夕という事になります。(注:今年はたまたま8月7日ですが、新月が8月21日だとすると、伝統的七夕は8月27日になります。いつも8月7日ではありません。)

夏の星空を見上げて思いにふけるのも心休まりますぞ。天高き事一万尺の頂は大宇宙へと通ずる。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年6月 5日 (水)

明日は芒種。そして来月は七夕です。

明日6/6は二十四節気の一つ芒種であります。一年のめぐりは早いもので、来月に入ると七夕ですね。現在、天の川は夜半前後によく見えています。天球は360度。一か月で約30度変わってきますから、現在の夜半頃の夜空は7月に入ると午後10時ごろという事になります。難しく考えなくても、ほら、簡単な計算ですね。

では、一足先に、七夕の星空の写真を掲載しておきます。クリックすると大きくなります。

Imgp0710
Lyr. Aql. Cyg. & The milkyway.
June.3 2019 24h18m(JST) / SIGMA 17-50mm EX DC F4/2.8 17mm iso6400 30sec. / 白馬村 by玄上

七夕の星は、いわゆる夏の大三角形です。こと座、わし座、はくちょう座ですが、線で結んで遊んでみてくださいな。7月まで、この写真に線を引いたりして、たまに七夕のお話をいたします。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年5月20日 (月)

【大雪渓】明日は「小満」、白馬大雪渓です。

明日5月21日は二十四節気の一つ「小満」です。小満は「万物盈満」と申しますように、万物が成長して満ちるという縁起の良い日であります。初夏の新緑、昨日、大雪渓の状態を見に行ってきました。途中の登山道はまだ雪で覆われていましたが、雪融けの上に出ている木々は新緑へと動き始めています。

Imgp0676
猿倉からの林道のところどころに雪が残っていて、林道の終点はご覧の通り、夏道は埋もれていて、適当にルートファンディングしながら白馬尻(であろうところ)まで登ります。

Imgp0669
白馬尻付近から大雪渓を見上げたところです。当然、白馬尻小屋は解体されたまま、まだ雪の下です。

Imgp0668
大雪渓上部はデブリがありそうです。葱平は雪融けで陸が出てきています。その出方からすると今年は雪が少ないかもしれません。

Imgp0670
白馬沢の雪渓です。小蓮華山の山頂付近は雲の中ですね。

さて、小満が過ぎると九州方面拝顔巡業です。九州からの写真をスマホからこのブログにアップしますので、時々覗いてくださいな。こちら、雪山ですが、南国は暑そうですね。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年4月30日 (火)

平成から令和へ。もうすぐ立夏。さそり座と木星と天の川。

平成から令和の時代へと遷り変わる時、明日から令和へと改元となります。新しい時代が平穏でありますようお祈り申し上げます。

Sco_jupiter_milkyway
Sco.-Sgr. Milky way and The Jupiter.
2019 Apr, 28 01h34m(JST) / SMC pentax DA 18-135mm 18mm(トリミング) F3.5 Pro-SoftonA iso3200 30sec / 小谷村下里瀬 by 玄上

5月6日は二十四節気の一つ立夏であります。暦の上では夏の始まり。星空も夜半を過ぎれば夏の星座が昇ってきます。深夜、夜も更ければ街の明かりも少なくなって、満天の星空、夏の星座のさそり座といて座の天の川もきれいに見える頃です。天の川の一番濃い部分はいて座にあたり、グレートスタークラウドと呼ばれるところで、私たちが住んでいる銀河系の中心の方向になります。一番明るい大きな星は木星です。

改めて写真に撮ると、ただ単に「わーきれい」だけではなく、大きな大自然の営みの恩恵の元に暮らしている光景を思うところです。(写真はクリックすると別ウィンドウで大きくなります。)

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2018年11月13日 (火)

亜甲中玄|平成31年隆盛安泰祈願の御霊書が完成いたしました。

合掌

平成31年は「己亥(つちのとい)」です。

平成31年隆盛安泰祈願 の耀隆徳源の御霊書「炎気亥(えんきい)」が出来上がりました。新しい年は年号が変わったり、新時代と申しましょうか、何かにおいて落ち着かない年になりそうですね。土と水の象徴で冷えた荒れた年になりそうですので、炎の気で力強く、流転の新しい年が、生成発展し、護られますよう祈念申し上げます。

ご案内お申し込みページに画像を更新しましたのでご覧ください。当ブログには12月にあらためて記事を掲載する予定です。

ただいま、平成31年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄    玄上

2018年4月 7日 (土)

清明の日の蔵王山

Dsc_1203_002
 
4月5日は二十四節気の一つ「清明(せいめい)」でした。前後の日は悪天候でしたが、清明の日だけ晴れてくれました。でも、山頂の気温は低くてマイナス7~8度。巷では桜の頃となっていますが、まだ冬の気温が残っています。樹氷は昨年に比べると解除が早く、もう全域にわたって樹氷が終わっています。春ですね。なお、蔵王山系の噴火警戒レベルは1に下がっています。

Dsc_1202_002山頂付近の氷の「エビのしっぽ」です。清明の名のごとく、すべてがすがすがしく明るい大自然の姿。キーンと引き締まる蔵王で深い瞑想や神通清浄祈と浄縁祈を唱え、隆達應心祈願、三守護特別修法、大守護聖源流光の祈願をしてまいりました。

尊無上亜甲中玄   玄上


毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。  

  雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

より以前の記事一覧