至心玄道公式サイト

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2013年7月 7日 (日)

星空|七夕に天の川を見る。方角と時刻。

今日は七夕です。白馬は一日中雨が降っていますが、梅雨が明けたところは猛暑とうかがっています。熱中症にお気をつけください。

A_tanabataさて、今日は、七夕に天の川を見るための方角と時刻のお話です。まず、左の写真をクリックしてください。別ウィンドウで大きいのが表示されます。それを見ながら、以下のお話を読んでください。

この図は、7月7日の20時頃の東の空です。(ウェブアートデザイナーで私が作成しました)

まず、夏の大三角形を見つけましょう。夏の大三角形はベガ、アルタイル、デネブという一等星をつないだ大きな三角形です。こと座のα星「織姫星」が一番明るく、次いで、わし座のα星「牽牛星」、それぞれ1等星というより0等星です。そして、はくちょう座のα星デネブ。

ところで、20時というと、街の明かりが明るくて、天の川がきれいに見ることができない時間帯です。そこで、街が眠りにつくころの22時以降が天の川を見るのによろしいと思います。

東の空を見て、20時から時間が経つにつれて、この図は昇っていきます。23時ごろには、ベガは頭の上に来ると思います。

さて、7月7日が曇りや雨だった場合でも、七夕の星を見ることができます。東の空にこの図のようになるのは

3月上旬、午前4時ごろ
4月上旬、午前2時ごろ
5月上旬、午前0時ごろ
6月上旬、午後10時ごろ
7月上旬、午後8時ごろ

です。

8月上旬の午後8時は、東からさらに昇っています。
9月上旬の午後8時は、ベガがほとんど真上に差し掛かっています。
10月上旬の午後8時は、この図を上下さかさまにして西を見ます。
11月上旬の午後8時も、この図をさかさまにして、ベガとアルタイルが水平線と平行に見えます。
12月上旬から2月下旬まではアルタイルをうまく見ることができないので、時間帯を変えても七夕の星空を見ることはできません。


尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2012年7月23日 (月)

亜甲中玄|入試合格祈願・受験合格祈願は切羽詰る前に。覇気をこめて。

合掌

 気が早いと思われる方も多いと思いますが、受験と言うのは、切羽詰って対策するものではございません。たいていの合格祈願は、受験間近になってすると思いますが、その心構えでは、遅いですぞ。

 つまり、中学三年になれば、高校三年になれば受験があることは、もっと早くからわかっていることなのです。わかっていながら、間近になって、志望校を決めたり・・「いったい、今まで何をしておった?」と言うことになります。だからこそ、毎年でありますが、夏の今から、受験合格祈願をご案内しております。

 昨年も、多くの方から合格のお知らせをいただいています。秋は力量増強のシーズン。その前に先行して入試をひかえている方に、夏からご案内いたします。

 力量増強スペシャルでは、力量増強と入試適合のセットがあります。力量増強はいつも勉強している机の上にお飾りして、試験当日に、「勉強を共にした御神符」を持参します。入試適合は、常に持ち歩くバッグに入れておきます。そして、力量増強と共に試験会場に持って行きます。

 勉強は試験直前と言う即席では成り立ちません。今から、力をつけていくのです。切羽詰ってから行動するクセをこの機会に取り除きましょう。それはきっと社会に出ても役に立ちます。

 今年は、覇気をこめて動く力の「覇動(はどう)」です。お申し込みの方には、受験者に適した追い込みの勉強スタイルを鑑定でみてお送りしています。

 さあ、秋の力量増強。受付が始まりましたぞ。不可思議なる尊無上亜甲中玄のご加護と共にありますように!

尊無上亜甲中玄     玄上


入試・資格・就職試験には「入試適合」と「力量増強」のセットが威力を発揮。

センター試験や推薦入試の方はお早めに。 http://genjoe.com/un71.htm

2012年6月22日 (金)

【流星群】お盆のペルセウス座流星群

私が何十年も若い頃(今のほうが、あの頃より若いですが・・・苦笑)、天文学に興味があり、大学もその方面へ進みたいと思っていたのですが、亡きオヤジに「それで食えるんか」なんと言われたり、 理解も乏しかったものです。私自身も、そう考えたりもしておりましたが。当時は、バイトをして望遠鏡や観測小屋を作ったりもしたものですね。120622_090016学生時代だった頃の天文誌に掲載された、その手作りの観測小屋の写真が残っていたので、掲載しておきます。本を大切にとっておいて良かったです。コンパネやトタン等で枠組みをして、戸車で開閉できるようにしたスライディング・ルーフ(移動屋根)など、・・・こうして知恵がついていくものなのですね。現代社会は、できあいのモノに頼りすぎますな。それにしましても、流れ星を見るのに、こういうたいそうなものは要りません。これは、彗星観測専用の機材です。

 さて、先月の日食や、今月の金星日面経過を機会に、山ばかりになってしまったブログに星空の話題を掲載しようと思います。それも、亡き大師匠が、暮れの荒行のとき、夜空を見上げて、「玄上、あの星は、何と言うのかね?何光年あるのかね?」等と、よく質問してくれたものです。それに答えると、「ほっほう、光で何十年もかかるのか、宇宙は広いね。」と、とても懐かしく思います。こう話を大師匠としていると、兄弟弟子に僻まれたりしたものですが、僻みは良くないですな。まして、ころもを着ている弟子たる者が。そんな連中の中にいるのも嫌なことで、離れて19年経った今でも、せいせいしております(笑)。

 前置きが長くなってしまいましたが、お盆の天文現象というと、ペルセウス流星群があります。詳しいことは、後日にお話しするとして、今年(2012年)のペルセウス流星群は、月が夜半を過ぎた頃に昇ってきますが、下弦を過ぎてはいるものの、流星群が活発になる2~3時から月明かりとは、ちょっと痛いですかな。でも、条件は悪くはないと思いますので、お盆の日には夜更かしをして、夜半すぎからの夜空にご注目です。ピークは年によって違いますが、8月12日の夜中~14日の朝方です。

 ところで、新聞やテレビで流星群が騒がれて、通勤帰りに星空を見上げたが、見えなかったという経験のある方も多いと思います。流星群は、皆様が寝静まった頃から始まるのです。いわゆる、夜半から明け方ですね。この仕組みについては、いずれ詳しくお話をしますとして、ペルセウス流星群は、他の流星群に比べて、始まりが早いほうで、午後10時ぐらいから、じっと見上げていると、ポツポツと現れ始めます。いっぱい、願い事をしてくださいな。

続き「ペルセウス座流星群が見える時刻とそのしくみ」を読む。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2009年10月24日 (土)

【紅葉】なぜ紅葉になるか?紅葉のしくみ。

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

091021_143926 合掌

あちこちから、紅葉の話題が聞こえるようになりました。まさに、日本列島、紅葉シーズンであります。さて、今日は紅葉に仕組みについてお話しましょう。

紅葉は落葉樹が葉を落とす前に起きる現象です。では、何故、葉を落とすのでしょう。それは、木が生きているからです。なんて、言ってしまえばそれでおしまいであるわけですが、弱っている木や枯れている木は葉を落とせないのです。

落葉は、冬に備えて、葉の養分が木に吸収されることによって起こります。つまり、ある一定以下の気温に下がった時、木が冬の準備に取り掛かるのです。紅葉開始のスイッチが入るかのように、夏の間に葉に蓄えた養分を木に戻して冬を越します。

ですから、葉は枯れていくのです。その途中、葉緑素を失った葉は、色とりどりに変化します。そして、木に養分を戻しきったら、落葉するのです。さらに、落葉した葉は、腐葉土として土に返り、根からの養分となります。

すべて葉が散った木は、枯れ木のように見えますが、たくましく生きているのです。そして、春になれば、花を咲かせ、再び芽を出して、葉がついて新緑を迎える事になります。皆様の近くでは、どういう落葉樹がありますか?どんぐり類はみなそうですが、お近くの学校へ行けば、桜がありますね。黄色やオレンジに光る桜並木の紅葉って意外と素敵です。桜は春と秋に楽しませてくれます。

木々の営みにも神秘を感じますね。

尊無上亜甲中玄     玄上

平成22年度発展安泰祈願霊書が完成、掲載しました。
ご案内、お申し込み→ http://genjoe.o.oo7.jp/anxx.html

2009年10月23日 (金)

【辻説法】オリオン座流星群は不発だったか?

合掌
 
 今日は、行者の豆知識。流星群です。

 
 「オリオン座流星群は不発だったか。」というお話が耳に入ってきましたので、少しお話しましょう。
 
 新聞やテレビなどで、オリオン座流星群が来るということで、会社の帰りの夜道などで、夜空を見上げられた方もいると思います。また、夕日が沈んで、真っ暗になった頃、1時間ほど夜空を見上げて粘った方もいると思います。
 
 確か、1時間に50個は見えるといわれていたのに・・30分粘っても、全然見ることができない。それには、訳があるのです。実は、流れ星は夜半を過ぎないと出現する確立は少ないのです。これには、地球の公転と自転が深く関わってきています。
 
 地球が進んでいる方向に対して、夕暮れは「後ろ」になり、夜明けは「前」になります。つまり、雨の日に、自動車を走らせてみるとお判りのように、雨はフロントガラスに良くつきますが、リアガラスにはあまりつきません。これと、原理は同じです。
 
 オリオン座流星群は、ハレー彗星が残したチリの中を地球が進むことによって、そのチリが地球の大気の摩擦で燃える現象ですから、当然、進行方向である朝方の方の大気にぶつかるわけです。
 
 ですから、流星群は夜半から明け方がピークになるわけです。夜中の2時前ぐらいから出始めて、空が明るくなる前の夜空がピークです。ですから、流星群は、朝早く起きて見ることにしましょう。流れ星は朝方ですぞ。普通の生活サイクルでは見ることができない自然現象のひとつです。視野を広げなきゃね。
 
Photo 図解です。丸は地球です。
※クリックすると大きくなります。
 
尊無上亜甲中玄     玄上 

 
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2009年10月 1日 (木)

【ご案内】入試合格、必勝祈願です。

合掌

 10月が始まりましたぞ。受験をひかえている皆様におかれましては、これからのスパートが大切なところです。

 例年の如く、「力量増強」と「入試適合」の御神符セットが応援します。「力量増強」は、いつも勉強する机の前にお飾りいただき、試験当日、その一緒に勉強した御神符を持って行きます。「入試適合」は常に持ち歩くバッグに入れていただき、試験当日も共に持って行きます。

 今からの時期、個々に適したスパートの方法も、御入魂時に感じましたことをメールでお伝えします。受験は実践が大切です。その実践のための力量を高める心の力が付き、必勝となりますようにお祈り申し上げます。

 あなたに適した進路へと、必勝です。http://genjoeo.oo7.jp/un71.html

尊無上亜甲中玄    玄上

2007年4月 6日 (金)

ご進学、ご就職おめでとうございます。

入学式や新入生ガイダンス、入社式や研修の時期であります。「何事も最初が肝心」と、申しますが、かといって、背伸びは後から大変となります。今までの実力を発揮するためには、新しい物事を吸収する力も大切です。ここに、始まりの時、力量増強の秘法九字の御神符がお勧めです。http://genjoe.com/ofuda.htm

2006年9月 7日 (木)

入試に向けて。力量増強と入試適合のセット

 入試に向けて。力量増強と入試適合のセットをおすすめ!

合掌

 高校大学と入試に向けてこれから気を揉む時期であります。しかし、気ばかり揉んでいては精神的において逆効果であります。せっかくとれる点も目減りしてしまいます。どうも伸び悩んでしまう方においては、その目減りした分損をしているともいえます。それが、全問題のうちの5点だったとしましょう。精神的な力で落ちつけば、一教科あたり5点アップできるとすれば、これは、大きな進歩となります。一気に何十点上げようとするからプレッシャーともなるし、そのプレッシャーが精神的エネルギーを減退させてしまっているのです。
 これから入試に向けての勉強のし方ですが、同じ事をダラダラとやってしまっていたりもし手いることに気がつかないで、わかっている問題ばかり続けてしまっていることのないように。今までできなかったところができるようになればこれまた5点はあがる。
 確実に伸ばしていく心の力がつきますように力量増強の秘法九字の御札が有効であります。そして、入試適合によって、個々に適した進学先へとお導きしましょう。
 学生諸君そして保護者の皆様。これから大変なときですが、入試、エンジョイするがいい。ん、エンジョイなんてできやしない?なんの、何十年も経って思い起こせば、結構楽しかった頃だなあと思うだろう。
 楽しく頑張るのですぞ。
尊無上亜甲中玄     玄上


 力量増強と入試適合の秘法九字のお札→ http://genjoe.com/ofuda.htm