至心玄道公式サイト

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2013年12月17日 (火)

午年(馬年)だから北アルプス白馬。2014年の年賀状も旅も白馬。

131217
今朝(2013/12/17)の白馬の最低気温はマイナス8.4度。久しぶりの晴天で放射冷却がおきて、北海道の各地より8度前後低い気温です。 ずっと降り続いた雪も止んで、一週間ぶりに北アルプス白馬岳連峰も一望できました。再び明日の夕方から雪の予報が出ています。また5日ほど降り続くようですので、雪国の皆さん、共に頑張りましょう。

131217_085426右から、白馬岳、杓子岳、白馬鑓、「白馬三山」です。国道148号線の松川橋から撮っています。北アルプスを撮るのにお手軽な撮影スポットです。この橋のひとつ上流の白馬大橋も人気のスポットです。

131217_085451右から、唐松岳~五竜岳です。中央やや右のスキー場は八方尾根スキー場です。白馬村内の各スキー場も新雪がたっぷり積もってスキーヤーで賑わっています。



新年のご旅行に、午年(馬年)にちなんだところといえば、白馬はいかがでしょう。スキー場に雪遊びに温泉に充実しておりますぞ。

また、年賀状も、白馬村オフィシャルサイトで無料公開されておりますので、下のアンダーラインのリンクをクリックして、ご利用ください。
ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男III世、オリジナル年賀状2014

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。

平成26年度発展安泰祈願受付中です。

誰にも言えないお悩みは行者に相談

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2013年8月13日 (火)

【白馬】白馬三山の夕焼けです。

130813_185431
久しぶりに、里から見上げる白馬三山の写真は真っ赤な空の夕焼けです。今年の立秋以降の残暑は、記録的な高熱の猛暑になっていますが、明日も良いお天気で暑くなりそうです。体調を壊さぬようご自愛ください。

2012年8月30日 (木)

【紅葉】北アルプス、白馬岳周辺の紅葉のご案内。

 残暑厳しいこの頃と思いますが、北アルプスの稜線では、トウヤクリンドウなど、秋の訪れを告げる高山植物が咲いてきました。ナナカマドの実も少し色づき始め、草紅葉も少しずつ始まっているようで、あと半月もすれば、稜線から紅葉が里へとスタートします。

 紅葉を先どり! 今日は、過去三年間の写真を振り返ってみて、白馬岳周辺の紅葉のご案内をします。(各写真はクリックすると大きくなります)

[PR] 毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。

■9月中旬頃の紅葉

090919_0929042009年9月19日。白馬小雪渓の上部、標高2500m付近のナナカマドの紅葉と、丸山稜線の草紅葉です。9月の半ばの3連休からが楽しみですね。

090917_0800032009年9月17日。五竜岳方面、白岳付近2600mの草紅葉です。

100915_1351382010年9月15日。白馬岳山頂から朝日岳方面を望んだ時の草紅葉の様子です。

110908_1209542011年9月8日。白馬岳山頂から旭岳方向の草紅葉の様子です。

090919_0918312009年9月19日。葱平上部2300m付近でもナナカマドの紅葉が始まりました。







■9月下旬~10月上旬頃の紅葉

101001_1028342010年10月1日。2010年は紅葉も初冠雪も遅かったです。前の写真とほとんど同じところなのですが、ご覧のとおり。さて、今年はどうでしょうね。

091010_1011022009年10月10日。吹雪です。10月に入って初冠雪になると、北アルプスの稜線近くは、もう紅葉どころではなくなります。

091010_120044紅葉と関係ありませんが、この写真は上の写真の時の吹雪の中の山頂です。すごい冷風雪でしたが、こうなると、冬山装備と体力が必要ですね。2011年は下の写真の前日10月3日まで吹雪になってこのようでした。秋の北アルプス登山は突如とこうなりますから、高いところへは装備と計画を万全にし、山小屋が今期冬季でしまう頃には白馬岳登山も今年は終わりです。

111004_1021282011年10月4日もこんな感じです。2010年がやはり遅かったのかな。でも、栂池自然園や大雪渓ケルン、八方池、岩竹の山頂からは、上部に雪、中頃に紅葉、下に緑といった三色の見事な「三段紅葉」を楽しむ事ができます。

111004_0823322011年10月4日。白馬大雪渓からの「三段紅葉」です。携帯カメラなので、赤がきれいに出なくてすみません。






■10月中旬~下旬頃の紅葉

091016_1034502009年10月16日。扇沢から爺が岳へ向かう柏原新道の石畳付近のナナカマドの紅葉です。中旬ともなると、紅葉は足早に里に下ってきます。扇沢からもみじ坂はおすすめのスポットです。

101014_1002222010年10月14日。初冠雪のおそかった2010年ですが、稜線の紅葉は10月半ばに終わっています。ナナカマドの実だけが寂しく残っていました。

101014_0702252010年10月14日。紅葉は猿倉林道。標高1400m付近にまで下ってきました。雪山と紅葉のおすすめスポットです。

091021_0800432009年10月21日。白馬尻から、雪の白、常緑樹の緑、草紅葉の赤、の「三段紅葉」です。大雪渓の雪は、3号雪渓の上から上の砂山までですので、ここからはほとんど見えなくなっています。

091103_0952322009年11月3日。道場の庭、白馬の里の紅葉です。この日、里も初積雪を迎えました。





■最後に。

今日も、各地で30度を越えましたが、「一月前はあんなに暑かったのに・・」と、思う日ももうすぐな、アルプスの山麓です。

先日来から、8月下旬の白馬岳の稜線へ足を運んで見てきていますが、草紅葉のなり方から、今年の紅葉は2010年のように遅くはないように思います。残暑が厳しくて、各地で猛暑ですが、今年の北アルプスは意外と寒くなるのが早いかもしれないですね。

最後に、以下のリンクをクリックして、追記の2012年の紅葉の記事もご覧ください。大自然の写真を見て心休まりますように。

2012年北アルプス紅葉①ナナカマドの紅葉が始まりました

2012年北アルプス紅葉②白馬岳の紅葉、真っ赤なナナカマド


2012年北アルプス紅葉④雪と紅葉の白馬岳。三段紅葉


【注意】秋に北アルプスに登山される方はこのリンクを必ずお読みください。

10月に計画されている方はこのリンクも必ずお読みください。2011年の初冠雪と10月の白馬岳登山の注意事項解説を読む。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

 

2012年7月 8日 (日)

【仙丈ケ岳】3033mからの南アルプス展望

120630_121413_1
先週の仙丈ケ岳日帰りの写真から、南アルプスの展望をお送りします。まずは、白峰三山です。日本第2の高峰「北岳(3193m)」や第4の高峰「間ノ岳(3189m)」、南アルプス北部の三千メートルの稜線です。農鳥岳が西農鳥にかぶっています。南アルプス、Kitadakefuji仙丈ケ岳(3033m)からは、このように(17年前の写真です)、日本第1の高峰「富士山」が第2の高峰「北岳」の肩に乗っかるように、見えるのですが、この前はあいにく富士山は雲の中でした。

120630_120424_1_2
南には、日本第5の高峰「悪沢岳(3141m)」をはじめとする、南アルプス南部の三千メートル峰を見ることができます。赤石岳(3120m)は雲に覆われていましたが、仙丈ケ岳からも望むことができます。
十数年前までは、今の白馬岳連峰を歩いているかのごとく足を踏み入れていた南アルプス三千メートル峰の山々、時に風雪と共にした三千メートルの峰々に、とても懐かしく思います。

120630_103504
甲斐駒ケ岳(2968m)です。小仙丈尾根からは、右に摩利支天の岩峰を従えた姿が大きい。その右下には仙水峠があり、沢伝いに下ってきたところに、仙水小屋を見ることができます。

毎日の運勢やお話が無料メルマガで届きます。


120630_10412仙水峠を甲斐駒の反対に、行くと栗沢山からアサヨ峰です。日本百名山の甲斐駒から離れて、静かな山歩きができます。甲斐駒や仙丈ケ岳を見る絶好の展望台です。

120630_104053早川尾根の頭、高嶺から鳳凰三山、中央が観音岳です。南アルプスで唯一、私が踏み入れていない、北部の山域です。あの頃は、 南部ばかりに偏っていましたね。今は、後立山連峰と白馬岳連峰に偏ってしまっていますが(笑)。

120630_103536鋸岳です。鋸の上に八ヶ岳や、その左の遠くに北アルプスが見えるはずだったのですが、雲で覆われていました。仙丈ケ岳の山頂は、中央アルプスや北アルプスも見えるのです。

これからは、たまに南アルプスにも入ります。南アルプスは、私にとって、長年苦楽を共にした、古き友のようで、とても懐かしく思います。

仙丈ケ岳登山の写真解説を読む。

尊無上亜甲中玄      玄上
 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2012年6月 6日 (水)

金星日面経過|金星太陽面通過です・・が。

今日の白馬は朝から曇り、やっと晴れ間がさしたと思いきや、うす曇。こういうときはピンホール投影画像ははっきりしなくて、携帯のカメラではうまく取れませんでした。ピンホール投影式での報告です。

ピンホール方式は、光量が不足したときに著しく弱いですね。こういうときのために、昔使ったカメラのレンズをばらして、望遠鏡を作っておけばよかったと思い、あわてて作ったのですが、すでに、太陽は厚い雲に隠れてしまいました。望遠鏡で投影法をすれば、もっとはっきりと写ったはずです。 ピンホールにこだわった私がバカでした。

120606_093606_2

どこに金星があるかお分かりいただけるでしょうか?うす曇で光量が不足したので、一番期待していた縫い針であけた推定約0.2mmのピンホールは携帯のカメラには、太陽さえうっすらとしか見えず、0.3mmのシャープペンの芯であけたピンホールは、目視で何とか金星が確認できたものの、携帯のカメラには写らず。唯一、0.5mmであけたのには、写真画像が一番明るく、金星の部分が減光されて「なんとか、ある」と、いう程度には写ってくれました。(06.June.2012 09h36m JST.)

 ブログへの掲載はやめようかどうか迷ったのですが、投影板の目視では確認できましたので、こんな写真で申し訳ないですが、掲載しておきます。新聞やテレビでいいのを見てくださいな。

120606_093606_2_3

 金星は、白い矢印の先に、黒く減光されていて、ボーっと、あります。若い頃、彗星や小惑星を追いかけていたとき、11等級以下の小さくて暗い天体の写真を処理していたときの感じです。まさか、全天で一番明るい天体「太陽」と三番目に明るい「金星」を対象に、こんなことをするとは思ってもいませんでした(笑)。でも、ピンホールでもなんとか金星日面経過を確認できました。

 ところで、前のお話で申し忘れましたが、私が使ったダンボールはスキー用品が入っていた、長さが約1.5mのものです。それで、太陽と金星の視直径から算出して、ピンホールの大きさを決定しています。

 野菜や果物のようなダンボールでは、太陽は約3~4mm、金星は約0.1mmになってしまい、太陽の明るさで金星がつぶれて見えません。金星をつぶさずにおくためには、ピンホールは0.1mm前後でないとダメです。そうすると、紙の繊維の単位に到達してしまいますので、結論として、普通の大きさのダンボールでは見えないということになります。ダンボールにプスッと直接穴を開けたものは論外ですね。

 さて、次回は2117年。科学的に考えれば、ただの惑星軌道論の世界ですが、太陽系の神秘としてとらえると、長く奥深いものですね。地球より少し大きな金星が、太陽の前をゴワーっと通過していきましたぞ。

[PR] 毎日の運勢が無料メルマガで届きます。

2012年6月 2日 (土)

金星日面経過|金星の太陽面通過を見よう

2012年6月6日に「金星日面経過」という天文現象があります。金星の太陽面通過ということで、太陽と金星と地球が一直線となり、金星が太陽の前を通過します。この現象は、次回は2117年。よほど長生きしないと見ることができない(笑)のでぜひ、見ておきたいものです。

Sunvimage 金星の見かけの大きさは、太陽の見かけの大きさの約40分の1なので、太陽の表面にホクロがある程度にしか見えません。

見るためには、工夫を凝らさないとダメなのですが、実は、目がいい人は、先月使った日食めがねを使って、肉眼で見ることができます。直接太陽を見ても見ることはできません。目を傷めますので、必ず日食めがねを正しく使ってみましょう。

Sun_pin_tele さて、私は金環日食のときに即席で作った、ピンホール投影式の太陽観測装置?で見ることにします。太陽のほうと反対のほうを見ますので、安全です。携帯カメラで撮影することもできますので、手軽に記録に残せます。さて、これで果たして金星日面経過を見ることができるか?一般には見えないという説が多いのですが、やってみます。6月6日、その成果は「こちらをクリック」です。

120602_091629長いダンボールを用意して、穴(ピンホール)を開けて、半紙などの薄い紙を貼り付けて、穴を開けます。反対側のダンボールの内側に白いコピー紙を貼り付けて投影板とします。金環日食のときは即席でしたので、ピンホールの大きさが適当すぎて、精度の点で問題がありました。

金環日食のときは、太陽と地球の間に入るのは月でしたので、なんとか、多少精度が悪くともそれなりに見ることができたのですが、金星となると、そうはいきません。

これで見ると、太陽の大きさが約10mmに投影されるので、金星の大きさは約0.3mm弱となります。その点を計算して精度を高めました。

Sunvtestそこで、今日、0.5mmのシャープペンの芯、約0.3mmのシャープペンの芯、縫い針の3つのピンホールでテストしました。くっきりとホクロのほうに見えないかもしれませんが、多少ぼけても、金星が太陽の前を通過するのを確認できるかもしれません。

もし、成功したら、6月6日に当ブログに掲載します。その前に、天気がどうなるかという心配もございますが・・

【追記】6月6日、その成果は「こちらをクリック」してください。

参照:国立天文台天文情報センター

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

2012年5月28日 (月)

白馬岳、白馬三山、里からの撮影スポット

[PR] 運命の転化の無料メルマガがあなたの人生を変える。

南アルプスのお話をしているうちに、北アルプス白馬三山の雪融けも進んできました。そこで、南アルプスのお話をちょっと休憩して、地元に戻ります。今日は、里からの撮影スポットについてお話します(南アルプスのお話の続きは夜に更新します)。今日は雨ですが、昨日は五月晴れの、いいお天気。息子がロードサイクルで走って撮ってきていますので紹介いたします。

Hakuba201205_2 (1)国道148号線の松川に架かる橋(松川橋)の上で、観光にこられた方がよく写真を撮っています。それが、左の写真です(クリックすると大きくなります)。白馬駅から北に約1kmのところ、塩の道温泉ガーデンの湯の南にかかっている橋の上からの白馬三山をはじめとする、唐松岳、五竜岳、遠見尾根の上に顔を出している鹿島槍ヶ岳がとても美しいところです。この橋の上は、電線や電柱も写らないし、一番お手軽な撮影スポットと思います。

120205_133349 (2)松川橋のひとつ上流にかかる県道の白馬大橋は、さらに白馬三山に近づくことができます。ガーデンの湯のところの信号を山の方に向かい、突き当りを左折すると、倉下の湯を過ぎて、白馬大橋です。早朝には朝日に光る白馬三山の撮影に多くの写真家が訪れています。左の写真は2月に写したものです。

Hakuba2012053(3)北安曇野の田園風景と一緒に撮るなら、もう少し南に足を運ぶと良いでしょう。左の写真は、長野オリンピックのクロスカントリー会場になったスノーハープの入り口付近、県道(大町に通じるほうのオリンピック道路)の途中です。今の頃は、この写真のように「水田に映る白馬三山」、秋には黄金色の実りと共に、景色のいいところです。(写真はクリックすると大きくなります)

Hakuba2012052(4)こちらも同じく、オリンピック道路から撮影したものです。道端に咲く野草と共に撮るのも良いでしょう。

里からの北アルプスを取るには、電線や電柱の写らないところが良いですね。国道148号を糸魚川から南下してきて、白馬村に入った頃、一気に北アルプスの視界が飛び込んできて感動すると思います。はじめのセブンイレブンの駐車場から、写真を撮っておられる方もいます。でも、そこからでは、電線や電柱が多く 写ってしまいますので、ちょっと国道から離れて、JR大糸線側に歩くといいところがあります。

国道端でいい写真が撮れるのは、(1)の松川橋が最高ですね。それと、100503_094601 平川にかかる橋の上からも良いです(ちょっと川原に下りれば、左のような写真(2010年のGW)も取ることができます)。他にもいっぱい良いところがあります。ガイドブックに頼ったり、たまに「白馬 撮影スポット」と検索される方もいますが、まだまだ甘いですぞ。そんなのに頼らずに、何度も足を運んで、自分で見つけてこそ、撮影力が高まるし、そのほうが面白いものです。天気や季節、時刻によっても異なるし、それも自然の醍醐味です。白馬をとことん楽しみに、お越しください。

雄大な景色を見て、ほっと一息・・心のリフレッシュ。里道場の御玄綬にお越しくださいな。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2009年12月 1日 (火)

岩岳の山頂から北アルプスのパノラマです

091129 先日、岩岳の山頂から撮った写真をつないでみました。写真をクリックすると大きくなりますが、画面からはみ出てしまいますので、縮小してごらんください。

左から、唐松岳、不帰ノ剣、天狗の頭、白馬鑓、杓子岳、白馬岳が並んでいます。岩岳スキー場は、ごらんのように、雪が遅く、まだ草原です。

稜線はすっかり雪山になっていて、気温もずっと氷点下です。白馬雪渓が使えないので、日帰りは無理です。また、本格的な冬山装備が必要になっています。

さて、その雪渓の状況ですが、クレバスを隠すように雪が積もっているところもありますから、安易に足を踏み入れると、まるで落とし穴になっていますから、踏み入れる事は無理なのです。

2009年10月 4日 (日)

【白馬】秋晴れの白馬です

【白馬】秋晴れの白馬です
今日は快晴、久しぶりに里から白馬のアルプスが一望できます。写真は、このブログでいつもおなじみの白馬三山です。白く見えるのは初冠雪ではありません。白砂と雪渓です。今朝早くは、山頂付近が凍っていたのか、白く輝いていました。

2009年5月 9日 (土)

携帯からメールで応援していますぞ

 本日は五月晴れの北安曇野です。ゴールデンウィークも終わった方がほとんどと思いますが、明日で終わりの方もいますね。さあ、ゴールデンウィークが終わると初夏に突入、五月病なんぞに負けずに頑張るのですぞ。

 さて、本日のお知らせは、携帯用の無料メルマガです。パソコンをしなくなったりして見ることができなくて寂しくなったと、ネットカフェからメールをいただいたり、パソコンを持っていない人にご紹介したいとのご要望もあり、一昨年の10月に運用を開始しました。携帯メールでお送りします。

 これで、パソコンの調子が悪くなっても安心。転職してパソコンが使えなくてもご覧になることができます。また、パソコンを持っていない方にもご紹介してください。今後も、大勢の方が、不思議と運勢が良くなりますように応援していますぞ。

 不可思議なる理力のご加護と共にありますように!

尊無上亜甲中玄      玄上


携帯向けメルマガはこちら http://genjoe.com/m/mmlmag2.htm

無料ブログはココログ