至心玄道公式サイト

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2019年10月11日 (金)

北アルプス|蓮華温泉~秋の白馬大池から小蓮華山

Dsc_0127
昨日、は台風前の快晴のお天気。蓮華温泉から白馬大池まで登って、小蓮華山の天通剣で祈願をしてきました。明日明後日と台風の大風や豪雨になりそうですので、進路にあたる皆様はご注意ください。写真は、船越の頭から小蓮華山に通じる天高き事一万尺の稜線のプロムナード。爽快な天空の散歩道といったところですね。

では、登山口の蓮華温泉からです。各写真はクリックすると大きくなります。

Dsc_0150
蓮華温泉の駐車場に車をとめて、ひと登りすると、木々が開けたところで、谷の向こうに蓮華温泉の野天温泉群を見ることができます。

Dsc_0106
蓮華温泉から登る事、1時間あまり~2時間(個人差がある)、標高約1900mのところに「天狗の庭」という視界の開けたところに出ます。

Dsc_0103
天狗の庭からは、富山県と新潟県の県境にある雪倉岳が大きい。

Dsc_0109
日本海や糸魚川市を一望できます。

 Dsc_0114
天狗の庭から、1時間あまり~2時間(個人差がある)かけて登ってくると、樹林を抜けて、やがて上部の視界が開けてきます。すると、白馬大池がもうすぐです。

Dsc_0115
登山道の両脇にチングルマなどの高山植物が生息する平地に出ると、そこは白馬大池です。急に開けた高山の景色に感動する事でしょう。蓮華温泉を登り始めて2時間あまり~4時間(個人差があります)です。写真、左端に白馬大池山荘の山小屋やテント場が見えています。登山道の両脇には高山植物保護のための立ち入り禁止グリーンロープが張られています。

Dsc_0119
白馬大池山荘のチーフに挨拶をして、小蓮華山に出発します。ひと登りすると、景色のいい稜線に出て、これから登る小蓮華山が見えます。そして、船越の頭まで、雷鳥坂の登りが待ち構えています。

Dsc_0126
船越の頭からは、左から四阿山、浅間山、中央やや右に八ヶ岳と富士山、さらに右には南アルプスの山塊を望むことができます。地球はまるいので、ここから富士山を見ると、八ヶ岳や南アルプスより低く見えます。

Dsc_0129
小蓮華山本体への登り。標高約2600m。来た道を振り返ると、船越の頭の左下に白馬大池が見えます。その向こうには、左に日本海、そして、新潟の山々の頸城山塊、新潟焼岳や火打山、妙高山を望むことができます。

Dsc_0134
標高2766m、小蓮華山の山頂です。小蓮華山は長野県と新潟県の県境にあり、新潟県で一番高い山です。長野県側は崩落のため立ち入り禁止のロープが張られています。

Dsc_0142
小蓮華山山頂から長野県側の白馬岳連山です。長野県側はすっぱりと切れ落ちています。左下には大雪渓ルートの白馬尻が見えています。右端から、白馬岳、左に、杓子岳と白馬鑓がかぶっています。中央左奥のネコミミ(笑)が鹿島槍ヶ岳です。なお、小蓮華山があれば大蓮華山があってもいいではないかと探したら、白馬岳がその昔に糸魚川や富山県のほうで大蓮華山といわれていたそうです。

Dsc_0138
小蓮華山山頂から新潟県側です。中央やや右が、雪倉岳です。天狗の庭からは仰ぎ見たのに、小蓮華山からは眼下に見えます。左端は鉢が岳です。雪倉岳と鉢が岳の間には、遠く、日本海にそそぐ黒部川が見えていて、あのあたりが富山県黒部市です。

Dsc_0140
小蓮華山から続く、白馬岳方面、三国境への稜線のプロムナード。気持ちのいい稜線漫歩を楽しむことができます。

小蓮華山の山頂には高さ2mほどの天通剣(鉄剣)がお祀りされていて、この山頂に立つといつも神通清浄祈と浄縁祈を唱えてきます。今回は「亜甲中玄経理力類肝要文」などの祈願をしてきました。皆様が平穏でありますように、お祈り申し上げます。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年9月 9日 (月)

南アルプス|北沢峠から小仙丈ケ岳~仙丈ケ岳

北アルプスを離れて南アルプスに行ってきました。南アルプスは、かつて約15年の間に山行しつくした三千メートルの山々です。なつかしい山々の御姿はやっぱり落ち着きますね。

南アルプスは北アルプスと違って険路は少なく派手なアルペンチックな趣に欠けるが、山頂から山頂の間がとても長く体力のいる山域であり、登山道として未開の部分も多いので、富士山や槍穂高、立山、乗鞍といったところの観光登山のような趣から離れて、三千メートルを超える大きな山体でありながら、どこか哲人がどっしりと構えている山域です。

Dsc_1777
シラビソやトウヒで覆われている南アルプス独特の深い森です。写真は北沢峠から小仙丈ケ岳へと登る事標高約2300m地点です。

Dsc_1781
標高2700mを超えようかとするあたりからやっと森林限界に出ます。振り返れば甲斐駒ヶ岳(2967m)、その左向こうに八ヶ岳連峰が見えます。こうしてみると、南アルプスの山は深い森で覆われているので、北アルプスに比べると「毛深い」(笑)です。ちなみに白馬岳連山の森林限界は2300くらいで、400mのぶん南アルプスは森が多いということですね。

Dsc_1782
山頂が南北に長い小仙丈ケ岳(2855~2864m)へと続く稜線です。北沢峠から標高差800mほど視界のないうっそうとした森の中を喘ぎながら登ってきて、一気に開ける空と稜線の風景は、頑張って登ってきたご褒美のように爽快そのものです。

 Img_2234
登りついたところが小仙丈ケ岳(2855m)のピークです。以前は2855mの標識でしたが、それが割られて2864mに変わっています。南アルプスは年間数mm~2cmぐらい隆起しているとはいえ、数年のうちに9m背が伸びた(笑)わけではなく、2864mのピークはもう少し仙丈ケ岳よりの岩場を下る直前のところにあります。ヤフー地図など大まかなマップでは2864mになっていますので、いままでの2855mピークに建ててしまったのでしょう。ま、小仙丈ケ岳全体として低いほうに合わせるより高いほうが気持ちはいいですね(笑)

Dsc_1797
仙丈ケ岳(3033m)の本体です。小仙丈ケ岳からの稜線は、雄大な小仙丈カール地形の東を三千メートルへと続いています。まさに、天高き事一万尺であります。

Dsc_1808
藪沢カール上部、標高3000mの稜線です。稜線越しに、右から鳳凰三山、早川尾根アサヨ峰、栗沢山の南アルプス最北部の山脈です。左奥は奥秩父の山々。

Img_2243
「南アルプス 仙丈ケ岳 標高3033m」の標識です。台風が来る前でしたので青空が澄みわたっています。天高き事一万尺にて特別力量増強祈願のお祈りをして、台風が来る前に下山しました。明日はこの3033mからの南アルプス展望の写真を載せますのでお楽しみに。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年8月31日 (土)

秋の北アルプス白馬岳連山の見どころと注意点。

ここのところ、秋雨前線が居座っていて、10日あまりずっと雨続きの白馬です。皆様のところはいかがでしょう。

晴れたのは、私が新宿に行っているときの2日間ぐらいで、雨の降らない日がありません。山の写真も星の写真も撮れないので、掲載することもできないでいます。秋雨前線が去った後には、いっぱい写真を載せたいと思っているのですが。

そこで、一足はやいのですが、過去に撮った秋のアルプスの写真を載せて、秋の北アルプス登山の見どころや注意点をお知らせします。

150929_102117
標高2400mほどにある、白馬大雪渓ルートの避難小屋付近から、杓子岳と天狗菱です。秋の見どころは当然「紅葉」です。ごらんのように、ナナカマドの紅葉がきれいですね。
白馬岳連山では8月の今頃から稜線で草紅葉が始まって、9月下旬にはあちらこちら色づき、やがて三段紅葉が見ごろとなります。そして、落葉とともに、雪が来る準備になります。

150929_114821
白馬岳(2932m)の山頂付近です。稜線はすっかり草紅葉、稜線を抜ける季節風が冷たいので、しっかりとした防寒着が必要です。気温は氷点下になります。9月の終わりからは、いつ雪が降ってもおかしくない状態です。

151014_123030
10月に入ると、突如と積雪に見舞われるときもあって、稜線は凍ったりしますから、しっかりしたアイゼンと冬装備を用意しておいたほうがいいですね。こうなると、厳しくなりますから、一般登山の時期は終わりです。来年の夏山でまたお会いしましょう。
写真は2015/10/14、白馬岳山頂(2932m)の初冠雪です。左ほどに小さく写っているのは、前を行くカミサンです。神さんではありません(笑)。

151014_124212
10月半ばからは完全な雪山になることもある白馬岳連山です。写真は白馬岳山頂から、杓子岳、白馬鑓ケ岳方面。季節風の雲を下に見る天高き事一万尺の天空です。夏山で登山者で賑わったのがウソのように、アルプスは静まり返ります。

雪が来るまで短い期間ですが「この秋もご安全に」と、お祈りしておりますぞ。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年6月13日 (木)

【白馬】新緑と残雪の北アルプス白馬岳連山です。

Imgp0721
長いこと曇りや雨の日が多かった白馬ですが、今朝は久しぶりの晴天です。6月の今の時期、国道148号線の松川に架かる橋の上からは、新緑と残雪の白馬岳連山が見事です。18mmの広角で右端の小蓮華山から白馬三山、唐松岳と全容をとらえることができます。新緑と松川のせせらぎ、そして北アルプスの残雪のコントラストです。写真はクリックすると大きくなります。

Imgp0726
白馬三山、右から白馬岳(2932m)、真ん中が杓子岳(2812m)、左が白馬鑓が岳(2903m)です。

 Imgp0723
唐松岳(2696m)と新緑の八方尾根スキー場です。冬の間はオーストラリアやヨーロッパ、アジアからたくさんのスキーヤーが訪れましたが、今の時期は閑散としています。でも、7月の半ばを過ぎると、多くの登山客でにぎわいます。

冬はスキー、夏と秋は山のシーズン。さ、皆さんも大自然を楽しみましょう。海外から来たイケメンのお兄さんもいます。私の英語は read only ですが何とかなっています(笑)。

アルプスの展望観光、スキー、登山、アスレチック、温泉・・楽しみ方はいっぱいあります。日常の雑踏を忘れて白馬を楽しみに訪れるのもいいですぞ。こちら→ 白馬村観光協会の公式サイト

いよいよ山のシーズンが始まります。ご安全に、山の事故がないようにお祈り申し上げます。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年5月10日 (金)

【白馬】白馬岳と杓子岳の間に。

Imgp0481
白馬岳から杓子岳に向かう時、標高2700mの稜線にひとつのピークがあります。岩岳の山頂からみると、右に白馬岳、左に杓子岳があり、その奥にピークを見ることができます。これが「丸山」です。白馬岳から杓子岳に向かうには、必ず乗り越えなければならないピーク。そして、杓子岳へは標高差で約200m下ります。逆に戻ってくるのが大変なところです。写真は今年の5月4日に撮ったものです。

140519_132009
杓子岳(2812m)の山頂から見ると、右に白馬岳、左に旭岳、旭岳の手前に丸山を見ることができます。右に落ちている谷は白馬大雪渓の谷です。無積雪期の夏の大雪渓ルートは、この右下から登ってきて、進路を右にとれば、白馬岳と旭岳の間の稜線に出ます。この写真で見えている中央の雪の斜面は雪が融けると「お花畑」と呼ばれる高山植物が咲き乱れるきれいなところです。

4月の終わりまで(雪の多い年は5月上旬まで)は雪崩の危険がありますので大雪渓ルートは使わずに杓子尾根や双子尾根を登ってきます。大雪渓が落ち着いたころには杓子岳と丸山の間の鞍部(写真中央より左寄りにある稜線上のくぼみ。私は丸山のコルと呼んでいます。)から大雪渓に直接行き来できます。無積雪期は道ではないので、鞍部から丸山を乗り越えて旭岳と白馬岳の間の稜線に登り返さねばなりません。でも雷鳥に出会えるところです(笑)

天高き事一万尺から令和の時代が平穏でありますようお祈り申し上げます。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年5月 2日 (木)

【GWの桜】デンマークと白馬の桜の競演。

デンマークのソナボ(Sonderborg)の気候と白馬とよく似ているようでGWに桜が咲きます。冬のドカ雪は白馬のほうが多いようで、ソナボのほうが晴天率気候がよさそうですね。昨日、桜の写真を送ってくださったのでデンマークの桜と白馬の桜を掲載いたします。心、なごんでくださいな。

まず、デンマークからです。

Img_4166-002
見事な八重桜ですね。
Img_4169-002


次に白馬の桜です。
Imgp0333
大出公園の桜です。

Imgp0324
秋葉神社の桜です。


海外の桜を送ってくださりありがとうございます。はるばる海の向こうでもきれいな桜ですね。

以上、地球規模の桜の競演でした。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2018年6月14日 (木)

初夏の新緑と残雪の北アルプス白馬三山です。

Dsc_1283_002
梅雨の晴れ間。久しぶりに快晴となった白馬です。

里は新緑でアオアオとしてきましたこの頃です。アルプスはご覧のように残雪をまとっています。新緑と雪が美しい季節です。来月の半ば頃になると、登山に訪れるお客さんが多くなる白馬ですが、今頃の風景も心が和みます。

白馬岳の写真で心を休めてくださいな。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年8月29日 (火)

【白馬岳】初秋の白馬大雪渓から白馬岳

Img_1594
昨日は大雪渓から小雪渓のお話でしたが、今日はその続きです。写真は、白馬岳山頂(2932m)から南の北アルプスの山々の展望です。眼下には二つの山小屋が見えます。すぐ下に「白馬山荘」、縦走路の左下に、「村営白馬岳頂上宿舎」です。


左側に山頂が平らな杓子岳(2812m)、そのすぐ右奥が白馬鑓ケ岳(2903m)、その左奥が鹿島槍ヶ岳(2889m)、そjの奥には、槍穂高連峰が薄く映っています。


中央の谷に黒部ダムの黒部湖があり、その奥が水晶岳などの黒部川源流部の山々。右側に、立山(3003m)、さらに右端の尖峰が剣岳(2998m)です。


Img_1553さて、昨日の続き。小雪渓を登りきると、そこはお花畑という名前の通り、高山植物の宝庫です。お花畑から、右上には、村営白馬岳頂上宿舎が見えてきます。

しかし、大雪渓を登り、葱平や小雪渓の急斜面を登ってきた足に疲れが出て、ここからが長く感じるところです。夏のシーズンには、ところどころでバテてしまって動けなくなっている登山者を見かけるところでもあります。
めったにお目にかかれない高山植物が美しいところですので、花々や景色を楽しみながら村営小屋までじっくりと味わいたいものです。


Img_1573初秋の時期のお花畑には、オレンジ色のクルマユリや青紫のハクサンフウロやトリカブト、ミソガワソウ、黄色いキンポウゲなど、色とりどりに咲いています。もう少し早い時期には、キンポウゲの他にキンバイ系のお花で黄色に埋め尽くされるところです。お花畑の中の大きな岩は、かつてこのあたりに氷河があった遺跡です。


Img_1574お花畑から後ろを振り返ると、杓子岳と天狗菱をバックに、カール地形を望むことができます。村営小屋に登るまで、しばし、アルプス一万尺の風景を堪能しておきたいところですね。



Img_1586標高約2700m、村営小屋「村営白馬岳頂上宿舎」からは、「白馬山荘」が見えてきます。





Dsc_0865_002村営小屋から稜線に出ると、トウヤクリンドウが咲いています。黒部の谷からの風が一気に吹き抜けるところです。トウヤクリンドウが咲きはじめると、もう秋ですね。アルプスの短い夏も終わり、やがて草紅葉が始まります。バックの山は杓子岳です。

Img_1607稜線に出ると、「白馬山荘」の上には白馬岳の山頂が見えます。村営小屋か白馬山荘か、よく似たところにあり、その距離は登り20分、下り10分ほどですが、大雪渓から登ってきて疲れた足には、長いかもしれません。

村営小屋までが1日の行程でやっとの人や、翌朝、杓子岳~白馬鑓へと縦走するには村営小屋泊がよろしいです。村営小屋に荷物をおろして白馬岳を往復しましょう。

白馬山荘は雲上のホテルとも言われる山小屋です。黒部の谷の向こうに剣立山連峰を望んで景色の良いところです。白馬山荘の夏季にはレストランが営業しています。


130829_111024白馬岳の山頂(2932m)です。健脚者なら早朝に猿倉を出発すれば、10時間もあれば日帰り往復できますが、景色や高山植物を楽しみながら、山小屋に荷物を置いて、じっくりと8~10時間かけて山小屋泊で登るのが良いです。アルプス一万尺の夕暮れや日の出のころは日帰りでは堪能できませんし、かなり山慣れしていないと日帰りは危険です。

ちなみに猿倉から日帰りの私の最高記録(笑)は6時間半ですが、晴れた日には写真を撮ったり、また、山頂で祈念したりしますので、8時間ほど時間をかけています。

白馬岳の山頂は南北に長く、北の方に三角点と、ご覧のような標識があり、登山者で賑わう事も多いので、私はいつも南の方で、尊題と共に神通清浄祈と浄縁祈を唱えたりして祈念しています。

明日は、お花畑から稜線までの高山植物の写真を載せます。

尊無上亜甲中玄     玄上


秋の特別力量増強祈願と受験必勝祈願受付中です。


毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年8月28日 (月)

【白馬岳】初秋の大雪渓から小雪渓です。

Img_1549
2017/8/27 久しぶりに晴天の白馬です。南の方はいいお天気が続いたようですが、白馬はずっと雨が続き、久しぶりに晴れの日の白馬岳の写真を掲載します。お盆が明けて、晴れた日の白馬岳は秋の風が漂い始めています。

写真は小雪渓を登りきったところの一面の黄色いお花畑です。小雪渓がとけたあとには、タカネコウゾリナ、ミヤマキンポウゲなどの黄色い花で埋め尽くされています。今日は大雪渓から小雪渓までの写真を載せておきます。


Dsc_0850_0027月には雪で埋め尽くされていた大雪渓ケルン付近もご覧の通り、緑でいっぱい。今年の大雪渓はまずまず状態もよろしいようです。




Dsc_0852_002三号雪渓出合の下は雪渓が割れていますので、右岸の陸に上がります。ここは落石がありますので、下部でのアイゼンの取り外しは危険です。早く通過したほうが良いですね。



Dsc_0853_002三号雪渓出合から上部に上がったところは、一気に視界が開けます。前面に杓子岳前衛峰がそそり立って、アルペンチックな気分になる事でしょう。この付近も割れている年が多いのですが、まだ安定しています。



Dsc_0854_002大雪渓を登り終えると葱平(ねぶかっぴら)の急登りです。登山道わきの花々が急登りにあえぐ苦しさを紛らわせてくれます。これは、ミソガワソウです。




Dsc_0856_002ハクサンフウロです。葱平から小雪渓の急登りのところに咲いていました。高山植物で人気のひとつです。





Dsc_0857_002黄色いタカネコウゾリナと白緑のイワオウギです。キク科の花が咲いてくるとアルプスも秋が間近です。



昨日は、白馬岳の山頂からスマホで山頂からの写真をブログに送信しましたが、最近はたまにソフトバンクでも電波が入るようになりました。風向きや天気に左右されますが、現地から送れるのはいいですね。時代も便利になったものです(笑)


さて、大雪渓、小雪渓と名前がついていますが、小雪渓は小さい雪渓というわけではありません。実際に雪がある時は小雪渓のほうが急斜面で範囲も広く怖いです。ダイナミックなのは小雪渓かもしれませんので、何事も名前で判断してはなりませぬぞ。


尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年6月14日 (水)

【大雪渓】6月、白馬大雪渓です。

6月、白馬大雪渓です。
2017/6/14

6月の白馬大雪渓、白馬尻付近です。残雪の写真をお楽しみください。

Dsc_0664_002新緑の猿倉林道から、残雪の白馬岳です。




Dsc_0673_002白馬尻から白馬沢の雪渓からそそり立つ小蓮華山です。



尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

より以前の記事一覧