至心玄道公式サイト

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年11月25日 (土)

出発の朝、大雪になりました。

Dsc_1096_002_2
本日と明日は東北方面拝顔巡業2017です。昨日から降り続いた雪で、出発の朝(2017/11/25)は、まとまった積雪。未明から除雪作業です。道場の庭を1時間ほどかけて雪かきをしました。

まだ、雪の山ができていないので、早く済みましたが、これからの季節、朝早く出発するのには、数時間早起きせねばなりませんので大変ですね。雪国の皆様、お互いに頑張りましょう。職場に着いたら着いたで、始業まで職場の雪かきと、本当にご苦労をお察し申し上げます。

さて、今日は、途中、山形で個人宅に御訪問祈願してから仙台に参ります。あすは、仙台拝顔巡業。盛岡からお越しの方もよろしくお願いします。


ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年11月21日 (火)

信濃森上駅前の桜が「雪桜」になりました。

Dsc_1092_002
2017/11/21の朝、昨日から降り続いた雪は20cmほど積もって、JR信濃森上駅前の老桜が満開の桜のような見事な「雪桜」になりました。

Dsc_1090_002信濃森上駅付近です。いよいよ雪の季節がやってきました。今朝は、この冬初めての雪かきを行いました。

道はこのように圧雪凍結路となっていますので、白馬に車でお越しの方はスタッドレスタイヤやチェーンが必要です。


ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年11月19日 (日)

長野県白馬村の今年初めての積雪です。

Dsc_1088_0032017/11/19 昨日の夕方から冬型の季節風が吹いて、白馬村の初積雪がやってきました。写真は今朝の信濃森上駅です。御遠方から自動車でおこしになる方はチェーンやスタッドレスタイヤが必要になる時期です。

雪の積もり始めの早朝は毎年見かける光景なのですが、トラックがスリップして立ち往生したり、南から来た車がひっくり返っていたり、田んぼに突っ込んでいたり・・白馬から長野市に行くまでの峠で数台見かけるものです。冬の前の風物詩ですね。

20年ほど前の早朝の出来事。ぬれて凍った道を50キロぐらいで走っていましたら、後ろから南から来たナンバーの車が追い越してきて、そのまままっすぐに歩道と側溝を越えて右側の田んぼに入って行ってしまいました(笑)。ぬれているだけではなく凍っていたのに気が付かなかったのですね。みなさん、雪国に行くときは気を付けましょう。

さて、雪国の皆様は、これから厳しい季節になりますが、お互いに頑張りましょう。遠い空の下から応援しておりますぞ。
ただいま、平成30年隆盛安泰祈願御神符の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年11月 4日 (土)

晩秋の小日向のコルです。

Dsc_1056_002
昨日2017/11/3の小日向コルから杓子岳~白馬岳です。初冠雪後、いいお天気が続いてコル付近の日当たりの良いところは、このようにほとんど融けてしまいました。

昨日は心開綬感大玄行。小日向コルまでの北斜面は雪が残っています。日当たりの悪いところは凍っていて、関東からお越しの入行者様もツルツルすべっておっかなびっくり。雪がない時は穏やかなルートなのですが、とても険しく感じられたそうです。でも、いつも春の残雪期に御入行の方は、慣れているかもしれませんね。


Dsc_1053_002小日向コルを越えたところは、白馬鑓と杓子岳がふところを広げる幻想的な風景です。アルプスが作る異次元のパワースポットの様相となっています。


平成30年度隆盛安泰祈願の受付中です。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年11月 1日 (水)

アルプスから帰ることの喜び 2017

Dsc_1048_002
この道はアルプスへと続く道。里では、このように自動車で走ることができるが、登山口からの交通手段は、自分の足しかない。そして、再び、この道へと帰ってきたことができる安堵感。幾度と通った道である。

山頂に立つことを「制覇する」とか「征服する」とか、そんな表現を用いるが、その言葉は大自然の前では、何の意味も持たない。大自然を制覇するなんてとんでもないし、人間の計画通りに大自然は動いてはくれない。

山頂に立つだけで制覇したと思ったり、できなくて悔しいと思う事は、大自然に対しておこがましい人類の心ではなかろうか。

そのようなおこがましい心を捨てて、謙虚に大自然と向き合い融合してこそ神々と語らいが始まる。山修行は登山ではない。

だから、私はいつも思う。無事に山から戻れることの喜びを。この一年もまた、帰してくれてありがとう。

尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

 

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年10月30日 (月)

白馬村に初雪が降りました。2017/10/30

Dsc_1047_002台風22号が過ぎて、北アルプスは冬型の雪雲に覆われています。今日、白馬村の里も雪がちらつき、初雪です。

写真は白馬五竜スキー場方面です。アルプス平やグランプリコースにも積雪があります。

Dsc_1046_002 こちらは八方尾根スキー場です。黒菱まで積雪が降りてきました。標高1400mぐらいまで冬がやってきています。

アルプスの初冠雪が10日ほど遅れましたが、初雪は10日ほど早くやってきました。今年の冬は一気に訪れそうですね。キーンと引き締まるアルプスの山麓から、元気でありますよう応援していますぞ!

平成30年度隆盛安泰祈願の受付中です。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年10月27日 (金)

八ヶ岳連峰核心部が初冠雪しました。2017/10/26

Dsc_1028_002
八ヶ岳連峰の初冠雪です。 2017/10/26


10/25日の里は雨模様、行者小屋は雪が降り、10/26日の朝の小屋の前は10cmほどの積雪。稜線西側は標高が高くなるにつれて深い積雪となっていました。
キーンと冷え込んだ晴天の朝。地蔵の頭から八ヶ岳核心部の初冠雪、横岳の通過の様子を写真でお伝えします。横岳は二十三夜峰からいくつもの頂からなっていて、通過には思いのほか時間を要します。


Dsc_1012_002行者小屋からの地蔵尾根、森林限界の抜けると雪と岩の様相です。低温で鎖が手袋にくっつきます。無積雪期には足がかりのある急斜面もご覧のように、スリリングな状態になっていました。



Dsc_1013_002稜線直下、地蔵の頭の分岐です。白馬連山の初冠雪に比べれば、積雪が半分もありませんが、雪と岩の急斜面が難易度を高めます。




Dsc_1015_002
赤岳です。地蔵の頭からは北斜面になりますので、雪付きがよろしいようです(笑)。赤岳展望荘もすぐ近くに見えます。横岳へのルートは、この反対に進みます。




Dsc_1021_002横岳の最初の頂、二十三夜峰をまくあたりから、鎖場やはしごのスリリングなルートとなります。
日の岳の巻き道へと登る、天を衝く急峻な一枚岩の鎖場です。


Dsc_1022_002
日の岳と鉾岳の間の稜線から、横岳奥の院を望む。手前の岩峰は鉾岳です。
鉾岳は諏訪側を巻きます。




Dsc_1023_002鉾岳を巻くルートは、諏訪側が懸崖になっていて、無積雪期でもスリリングなところですが、雪がついているとさらに難易度が増します。
野辺山側から諏訪側に移ったとたん、足元はいきなりの懸崖、足場の幅は小さく、鎖もありませんので岩につかまりながら、細心の注意が必要です。
さらに5mほど進むと、この写真のように鎖場となりますが、足場がさらにきつくなります。雪がついているので、足がかりを確保するのに神経を使います。

Dsc_1024_002鉾岳を巻いて、ひと登りで石尊峰です。振り返れば、赤岳と阿弥陀岳、そして手前には、鉾岳とその巻きルートが見えています。標高約2800mの雪峰の山行です。




Dsc_1026_002石尊峰は穏やかな稜線歩きとなりますが、下った先には、野辺山側から稜線に登り返すはしごが待ち受けています。
行く先には三叉峰、遠くに横岳の最高峰横岳奥の院が見えます。

Dsc_1027_002
三叉峰は野辺山からの杣添尾根を分けます。縦走路は頂を通過しません。





Dsc_1029_002三叉峰から小さなピークを越えれば、横岳奥の院はもうすぐです。
横岳奥の院直下もはしごや鎖場の悪場になっていて、 梯子を2つ登れば、山頂に到着します。


Dsc_1031_002
横岳(2829m)の山頂から振り返れば、通過してきた岩峰と赤岳阿弥陀岳がダイナミックに見えます。





Dsc_1036_002横岳奥の院から硫黄岳へふたたび難ルートとなります。
山頂から鎖場を降下し、さらにやせ尾根を佐久側に垂直に近いはしごを下ります。
ふたたび、諏訪側に出たところで懸崖のカニノヨコバイが出現します。
雪がついていると足場の確保が難しくなります。この写真、手前はまだ広いのですが、その先で足場という足場はほとんどなくなります。
さらに、この先でやせ尾根の窓から佐久側へとはしごを下ります。

Dsc_1037_002もう一度やせ尾根の窓から諏訪側に移ったところで、やっと横岳の険路が終了します。


北アルプスに比べれば、やさしい積雪の初冠雪の八ヶ岳ですが、鎖やはしごの険路の積雪には神経を使います。


天高き事一万尺の頂は尊無上亜甲中玄の大宇宙へとつながる。まさに、雪の白とのコントラストによる晴天の濃い青い色は大宇宙の色でもありました。その神秘の頂から、祈念申し上げます。


平成30年度隆盛安泰祈願の受付中です。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年10月13日 (金)

北アルプスの紅葉が山肌を下っています。

Dsc_0981_002
先月、稜線で始まった北アルプスの紅葉は中腹を足早に下ってきています。里でも色づき始めました。写真は爺が岳南尾根付近のナナカマドの紅葉です。標高2000mを越えるところでは、すでに紅葉が終わっています。
Dsc_0982_002
アルプスの山肌は見事に色づいています。今日、2017/10/13日は前線の影響で雨。白馬の里の気温は10度前後という事ですので、ついに稜線は雪ですね。おそらく、雨上がりになると、白馬岳連山は初冠雪でしょう。
晴れた日には白馬岳山頂からの初冠雪の写真をブログに掲載したいと思います。ただし、雪が積もりはじめで降り積もると、表層雪崩の危険があるので入山しないように。

141007_115103初冠雪がくると白馬岳の山頂はこんな感じになります。これは3年前の10月7日ですが、今年は少し遅れています。

でも、この雨で一気に季節が進みそうですね。アルプスの稜線はキーンと引き締まる天高き事一万尺となります。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年10月11日 (水)

北アルプス、白馬連山稜線の秋の終り。

Dsc_0973_002
先日、2017/10/8、白馬大池付近のナナカマドです。紅葉も終わって、赤い実だけが残っています。稜線の草紅葉も、山の中腹まで下ってきて、稜線は、いつ雪が来てもおかしくない状況となりました。


Dsc_0972_002雪倉岳です。10月に入って一気に紅葉が進みましたが、10/7日ごろから温暖になってしまい、いつもなら初雪が降る頃も過ぎて、まだ初雪には至っていません。今年は、どうしたのでしょう・・。こういう年に限って、雪がくると言えば、一気にドカッと来てしまうのかもしれませんね。

Dsc_0976_002小蓮華山から三国境~白馬岳への稜線です。山々の緑もなくなり、天高き事一万尺のアルプスの稜線は冠雪の準備が整いました。これから、長い冬となります。

冷たい晩秋の風が吹き抜け、キーンと引き締まる稜線から、皆様の御安泰を祈念申し上げます。


尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2017年9月25日 (月)

暑さ寒さも彼岸まで。秋のアルプスです。

Dsc_0937_002
標高2800m白馬岳連山は草紅葉。黒部の谷に落ちる山肌の上部はなだらかで草原状です。しかし、この傾斜も黒部川に落ちるにつれて傾斜を増し、渓谷の絶壁となります。山々は優しくもあり厳しくもある。

さて、秋分の日、秋のお彼岸の中日も終わり明日がお彼岸の明けであります。「暑さ寒さも彼岸まで」とは、よく申したもので、半袖から長袖に遷り変るこの頃と思います。そして、アルプスの高いところは、いつ雪が来てもおかしくない季節になっています。

天高き事一万尺の大地で神通清浄祈をとなえ、皆様の平穏を祈念申し上げております。


尊無上亜甲中玄     玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

より以前の記事一覧