至心玄道公式サイト

フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2019年4月14日 (日)

八ヶ岳方面、雪と蒼天の飯盛山。

毎年、春には野辺山高原にある飯盛山に登っています。昨日から八ヶ岳方面に出向いてきました。今年で26年目ですが4月にこんなに雪のある飯盛山は初めてです。白馬からみると、ずいぶん南になるので、いつも春日和やたまに春雨の温暖な気候なのですが。
Imgp0290
 

遠くに富士山と飯盛山(1653m)の競演風景です。
Imgp0291


飯盛山は奥秩父山系の西の端。ほとんど八ヶ岳方面になります。飯盛山からは八ヶ岳の展望が美しいです。
Imgp0293  


南を見れば、私が白馬に来る前に山行を繰り返した南アルプスを望むことができます。写真左の雪の尖峰は日本第二の高峰「北岳」です。右に霊峰「甲斐駒ヶ岳」。
Imgp0294  

真っ白な雪上にて、神通清浄祈と、浄縁祈の経文を蒼天のもと唱えて、大守護聖源流光の祈りをしてきました。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。 

2019年4月11日 (木)

巨大ブラックホールのM87銀河はどこにあるか。

今朝の新聞で、M87銀河の超巨大ブラックホールの直接観測に成功したという記事が出ていましたが、夜空を見上げて「さて?どこにあるのかな?」という疑問無しに、多くの人々は「へーすごいんだ」という感じで3日も経てば忘れられてしまうかもしれませんね。

ま、それはさておき、M87はおとめ座銀河団の中心にあり、われわれの居る天の川銀河も局部銀河群を形成し、この銀河団一員なのです。M87はこの銀河団の重力的束縛を担っているとも言えますので、中心には超巨大なブラックホールがあっても不思議ではありません。

3月に super-takumar 135mm という45年前の望遠レンズを引っ張り出してきて、ペンタックスK70にとりつけて、おとめ座銀河団を撮影しています。さて、M87は下の写真のどこにあるでしょう?銀河の番号をふっていますので見つけてくださいな。写真をクリックすると別ウィンドウで大きくなります。

Virgo_cluster_10_20decl

次に、望遠では星座の中のどこにあるかがわかりにくいので、下の写真のようにしてみました。おとめ座銀河群はおとめ座やかみのけ座からたどるより、しし座からのほうがたどりやすいです。

しし座の写真は北海道巡業に出発前夜の4月3日にsmc-pentax da のズームレンズに星が大きく写るようにソフトフィルターをつけて撮影しています。左の四角いところが上の写真のエリアに相当します。しし座のお尻の部分の明るい星(β Leo.)デネボラから東に10~20度ほどたどったところのおとめ座とかみのけ座の境界におとめ座銀河団を見ることができます。
Leovirgo_cluster


春の星座は宇宙の窓と以前に申しましたように、大宇宙の奥深い神秘にふれることができます。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

宇宙の活動と気候変動。雪降りが続く4月です。

Imgp0273
2月と3月は気温が上昇して、このまま春になると思いきや、4月に入って雪が降る日が続いている白馬です。でも、日中の気温は高いので、融けては積もるの繰り返しです。写真は、昨日4月10日の朝の道場近くの栗の木です。今朝も降っていて、芽生えはまだ先です。桜の花もまだまだ、GWのころになりそうです。

近日中に、フランスの太陽活動専門の天文学者と気象学者が著した「太陽活動と気候変動」という本が、出版社の恒星社厚生閣から発売されます。また、銀河宇宙線が気候変動に関与するステンマルク効果というのがございます。こういうのは、再生エネルギーに携わる業者から嫌われるわけで、ステンマルク博士は研究費が入らずに苦労したそうな。何か考えさせられるお話ですね。

大宇宙から見れば人類のはからいなんぞ小さなことなのですが、人類にとってお金がそれよりも大きいことなのかもしれない。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年4月 2日 (火)

祝。新元号「令和」。白馬は4月の積雪です。

昨日は、新元号「令和」が発表されました。お祝い申し上げます。私は文学的に疎いので、旧暦の2月を意味する嘉辰令月の令月は万葉集からきているんだと初めて知りました。春になって花が咲き、自然との調和の中であたたかい心にさせる縁起の良い元号です。5月1日政令施行日ですので、4月中はまだ平成ですね。

大変な時代の中にも、心に花が咲き、優しい心でいられますようにお祈り申し上げます。


Dsc_1449-002

さて、昨日の白馬は雪降り。でも日中は気温が2~3℃と高かったので積もらなかったのですが、夜に-5℃になって今朝はご覧の通り久しぶりに積もりました。まだまだ降りそうな日がありますのでスタッドレスは履き替えることができません。今朝未明には国道148号線でノーマルタイヤのトラックが動けなくなったり、2台が絡む事故で国道が一時通行止めになったようです。秋と春にはよくある風物詩になっています。

お気を付けくださいませ。

追記。

Dsc_1450-002

4月2日は朝方に一度晴れ間がさしたものの、ずっと雪降りで冬が戻ってきてしまいました。夕方前の庭です。キーンと引き締まる寒さになっています。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年3月31日 (日)

平成最後の日の入りです。不帰の劍の日没。

平成の時代も今日で終わり、明日から新時代の幕開けとなります(厳密には5月1日から使用ですね)。今日の白馬は雪降りで、お彼岸の明けからずっとお天気の悪い日が続いています。そういえば、お彼岸の明けの翌日に山から帰ってきて、不帰の劍に沈みゆく夕日を撮影したのが最後です。ちょうど不帰の1峰と2峰の谷間にはまっていく様子の光景が珍しくて撮影しました。

Imgp0232

新しい時代になっていきますが、皆様におかれましては御安泰でありますようお祈り申し上げます。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年3月23日 (土)

春のお彼岸の頃の北アルプス白馬三山です。

明日は春のお彼岸の明け。この一週間のうち初めは晴天に恵まれました。そのときに撮った白馬三山の写真を掲載しますのでご覧になって心を癒してくださいな。このブログでもときどき出てくる白馬三山ですが、改めて個別に掲載します。写真はクリックすると大きくなります。まずは、白馬三山の全景。
Imgp0168


白馬岳 2932m
Imgp0177


杓子岳 2812m
Imgp0176


白馬鑓ヶ岳 2903m
Imgp0178




尊無上亜甲中玄   玄上
毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。
雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年3月20日 (水)

八方尾根から小蓮華山を望む。

明日は春分の日。お彼岸の中日です。八方尾根から小蓮華山を正面に徳達法願経文を唱えてまいりました。小蓮華山の山頂には天通剣が祭られています。眼下の手前左の山は、標高約2千メートルの小日向山です。

Imgp0179_2


さて、今日からニフティ・ココログさんのリニューアルに伴って作成の使い勝手が変わりました。手探りでやり方を覚えなければなりませんが、とにかく、写真はサムネイルでできていますので、クリックしていただければ大きくなります。


春のお彼岸の期間中、因縁浄化供養・尊世特達法願の受付ています。
尊無上亜甲中玄   玄上
毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。
雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年3月18日 (月)

八方尾根から不帰の劍~天狗の頭を望む。

Imgp0169

もうすぐ春分の日ですが、アルプスはたっぷりの雪を蓄えています。八方尾根を黒菱から下る途中、尾根の山肌の景色がダイナミックなところがあります。深い谷の向こうには北アルプスの稜線、不帰の劍から天狗の頭の難所が顔をのぞかせます。

今日は春の彼岸の入り。いいお天気に恵まれましたので写真を撮ってきました。最初の3日間はお天気がよさそうですね。雲一つない天高き事一万尺で特達法願経文を唱え祈願してきました。明日もいいお天気のようです。

春のお彼岸の期間中、因縁浄化供養・尊世特達法願の受付ています。

 

尊無上亜甲中玄   玄上 

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年3月11日 (月)

東北の山の上からお祈り申し上げます。

Dsc_1441_002_2

啓蟄の祈願が終わり、東北方面の山、蔵王山系に出向いてきました。大守護聖玄徳光の積み重ねと東日本大震災から8年になりますので、山の上から太平洋を望み祈願をしてきました。


Dsc_1442_002昨日はいいお天気でしたので、遠く太平洋まで広く望むことができました。まだ何万人もの方々が仮設住宅など避難生活をされてたり、何千人もの方が行方不明になっているのも事実です。8年も経つと、東北方面以外の方は忘れつつあると思いますが、この日が来ると思い出しますね。

また、この8年の間にも大きな地震や豪雨災害に見舞われた方もいるかと思います。ここに改めて、災害への意識を高め、大難は小難に小難は無難になりますようにお祈り申し上げます。

Img_1849 上の写真は昨日3月10日のものですが、これは昨年4月5日のものです。見比べてください。今年のは一月前というのに、昨年の4月並みです。



Img_1299そして、一昨年の4月2日。今年は一か月前というのに、一昨年の4月より明らかに雪が少ないですね。

今年の春は雪融けが早く、白馬だけでなく、蔵王山系も早い雪融けです。一昨年より昨年、そして、今年とどんどん雪融けが早くなってきているように思います。「だんだん雪が少なくなってきましたね。」と、少し前はそういう会話がございましたが、ここ数年は、そのようなレベルではないほど雪が少なくなるのが加速してきているように思うのです。この気象の大きな変化。それが何を意味するのか。単に人間が出している温暖化ガスの影響だけなのか。いろいろと思わせるこの頃です。

今年の心。隆達齎心祈願、三守護特別修法、受付中です。

 

 尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年3月 5日 (火)

北アルプス。不帰の嶮です。明日は啓蟄。

Imgp0139

啓蟄。春の鼓動が聞こえるそのとき・・

明日は二十四節気の一つ啓蟄です。今年は里の雪どけが早いのですが、アルプスはまだ深い雪の中。その中に春の訪れを肌で感じるとき、雪の下では生命がうごめき始めています。蟄という字はまさに、土の下で虫がうごめき始めている様を表しているようですね。

写真は二股出合から見る不帰の剣。中央が帰らずの2峰。左の三つの頂があるのが不帰の3峰。右の尖峰が不帰の1峰です。

明日は啓蟄の祈願。春のエネルギーがみなさまにもたらされますように、天高き事一万尺からお祈り申し上げます。

あと二週間たらずで、春のお彼岸の入りです。因縁浄化供養・尊世特達法願の受付中です。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

より以前の記事一覧