至心玄道公式サイト

フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2020年1月 1日 (水)

令和二年、新年のご挨拶を申し上げます。

合掌

亜甲中玄の陽光。愈々輝きを増し、令和二年の暁を迎え、一同謝恩の意に義し奉る。

諸難災厄を除き、内より外に送る災いもなく、本年一年、御護り給わらんことを。

尊無上亜甲中玄

  令和二年 元旦    玄上

N2020

令和2年度の隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年12月30日 (月)

亜甲中玄|炎気亥から凄子へと時が進みます。

昨年まで御神沿の左側に干支掛軸をかけていましたが、今年は亜甲中玄経理力類肝要文をかけましたので御神沿の間の上座に移動しました。そこで、今年も玄関正面のお飾りの写真を掲載します。

Dsc_0276-002
今年の己亥(つちのとい)「炎気亥」から令和2年の庚子(かのえね)「凄子」へとバトンタッチしました。「湧力」も立春までには、今年の心の色紙に変わります。

新しい年の凄い流れに負けぬよう凄い力の年となりますように、隆盛安泰をお祈り申し上げます。

尊無上亜甲中玄   玄上

令和2年度の隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年12月16日 (月)

北アルプス杓子沢に寝待月

北アルプス白馬岳連山、白馬鑓ヶ岳と杓子岳の間の杓子沢に寝ているというか、転がっている月齢19の「寝待月」のお月様です。ここにスッポリと入る光景は珍しいのでご覧くださいませ。まさに「命中!」です(笑)。12/16/2019、午前9時7分に白馬村森上から撮りました。

Imgp1007-3

お月様は、満ち欠けに名前があるのをご存じでしょうか。皆様、ご存じなのは三日月や満月ですね。月齢0が「新月」。旧暦の一か月はここから始まります。三日月の次が「夕月」ですが、巷では、これを三日月と呼ぶ場合が多いようです。途中はずいぶん省略になりますが、上弦の月を経て、月齢15前後が満月です。

満月のあとは、月齢16が「十六夜」と書いて「いざよい」と申しますが、そのあとにも名前があり、月齢17が立って待っていると東の空から出てくるので「立待月」、18が座って待っていると出てくるので「居待月」、そして、ちょうどこの写真の大きさの月齢19は寝て待っていると出てくるので「寝待月」です。その次のあとは、夜が更けてから出てくるので「更待月」となっています。

昔聞いた話ですが、地域によっては子宝や子育ての平穏を願う月待という行事があるそうな。中でも、ちょうど夜中の12時前後に出てくる月齢23の下弦の月を待つ二十三夜待ちという行事があって、八ヶ岳連峰の横岳にも「二十三夜峰」というのが、その名残かと思います。「下弦の月が浮かぶ。永遠に続く愛を。」・・・どこかで聞いたような(笑)。

さて、寒行週間が迫ってまいりました。令和の時代の初めての寒行週間。至心玄道25周年でもあり、亜甲中玄経50周年でもある、特別な思いの今年の暮れです。これからの時代が平穏でありますよう祈念していますので、令和2年隆盛安泰祈願にご参賀くださいな。

令和2年隆盛安泰祈願のご案内お申込み受付中です。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年12月 1日 (日)

冬の御挨拶と令和2年隆盛安泰祈願のご案内

R0200
令和元年も残すところ一か月となりました。道場にも雪が訪れ始めました。皆様のところも冷え込んできていると思いますので、御身ご自愛くださいませ。

さて、この2年間の間に御神符を郵送させていただいている皆様には、上の写真のような冬の御挨拶をお送りしています。今年の写真は天高き事一万尺の南北アルプスからの稜線です。北アルプスは霊峰立山3003mの初冠雪から黒部の谷に派生する新雪の稜線。南アルプスは仙丈ケ岳3033m山頂から神龍様がおわすような大仙丈ケ岳~仙塩尾根へと南下する長大な稜線です。

新しい力で新年をお迎えできますように、令和2年の安泰祈願のご案内とともに、新年に向けてのお話を載せています。また、郵送でのお申込みをご希望の方に、お申込用紙をこちらのページに掲載していますので、プリントアウトしてご利用ください。

令和2年度の隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです

2019年11月17日 (日)

亜甲中玄|令和2年の隆盛安泰祈願の御霊書。

合掌

令和2年は「庚子(かのえね)」です。

10月下旬の初冠雪の天高き事一万尺にて、令和2年の隆盛安泰祈願の耀隆徳源のセットとなる御霊書が完成しています。

今年は「己亥(つちのとい)」で、昨年の今頃に、「何かと落ち着かない年で、水と土の象徴で荒れた年になる。」と申しましたように、本当に大変な一年となってしまいました。

さて、2020年はどうでしょう。混乱の多き時から次の時へと進む気となります。問題は「次の気」それがどういうものであるか。十二支は始まりの子に戻りますが、十干の庚は秋の終わり。けして明るい気ではないものを感ずるところです。ということで、新しい年の展望は、プレミアムメルマガ「玄上の運命を良くするお話」で12月にお話いたします。

令和2年の隆盛安泰祈願の御霊書はお申し込みページに掲載していますのでご覧ください。新しい御霊書は「凄子(すごいね)」です。冗談みたいなネーミングですが、冗談ではありません。来年は凄い年であることが予想されますので、皆様が平穏となりますよう祈念しております。

ただいま、令和2年の隆盛安泰祈願の早期お申し込みの受付中です。

尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年6月13日 (木)

【白馬】新緑と残雪の北アルプス白馬岳連山です。

Imgp0721
長いこと曇りや雨の日が多かった白馬ですが、今朝は久しぶりの晴天です。6月の今の時期、国道148号線の松川に架かる橋の上からは、新緑と残雪の白馬岳連山が見事です。18mmの広角で右端の小蓮華山から白馬三山、唐松岳と全容をとらえることができます。新緑と松川のせせらぎ、そして北アルプスの残雪のコントラストです。写真はクリックすると大きくなります。

Imgp0726
白馬三山、右から白馬岳(2932m)、真ん中が杓子岳(2812m)、左が白馬鑓が岳(2903m)です。

 Imgp0723
唐松岳(2696m)と新緑の八方尾根スキー場です。冬の間はオーストラリアやヨーロッパ、アジアからたくさんのスキーヤーが訪れましたが、今の時期は閑散としています。でも、7月の半ばを過ぎると、多くの登山客でにぎわいます。

冬はスキー、夏と秋は山のシーズン。さ、皆さんも大自然を楽しみましょう。海外から来たイケメンのお兄さんもいます。私の英語は read only ですが何とかなっています(笑)。

アルプスの展望観光、スキー、登山、アスレチック、温泉・・楽しみ方はいっぱいあります。日常の雑踏を忘れて白馬を楽しみに訪れるのもいいですぞ。こちら→ 白馬村観光協会の公式サイト

いよいよ山のシーズンが始まります。ご安全に、山の事故がないようにお祈り申し上げます。

尊無上亜甲中玄    玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年3月13日 (水)

亜甲中玄|来週は春のお彼岸の入りです。

.Sonsei_bana.


来週は春のお彼岸。3月18日が彼岸の入り、3月24日が彼岸の明けです。 啓蟄も過ぎて、いよいよ春分。太陽が黄経0度に戻ってくる日であります。その春分の日は3月21日、お彼岸の中日になります。


春のお彼岸、尊世特達法願・因縁浄化供養を受け付けています。どうぞご参賀ください。御聖徳様への思いが天高く届きますようにお祈り申し上げます。




尊無上亜甲中玄      玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2019年1月 1日 (火)

平成31年、新元年。新年の御慶びを申し上げます。

合掌

  亜甲中玄の陽光、愈々輝きを増し、平成31年の暁を迎え、謝恩の意に義し奉る。

  諸難災厄を除かしめ、内より外に送る災いもなく、本年一年、御護り給わらんことを。

 尊無上亜甲中玄

      平成31年  元旦   玄上

 

N2019

 新しい年が爽快なる力で守られますよう、平成31年新元年の隆盛安泰祈願を受け付けていますので、どうぞ御参賀ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年12月31日 (月)

亜甲中玄|爽天戌から炎気亥にバトンタッチです。

Dsc_1373_002

昨年は御神沿の左奥の爽天戌の掛け軸を掲載しましたが、今年は道場の玄関正面のお飾りの写真です。御神沿も玄関も戌から亥へとバトンタッチしました。

大晦日になってやっと大雪がおさまって、新しい年へと衣替えしています。玄関のお飾りは、12月は柊(ひいらぎ)ですが、お正月はなんてんになりました。知行道慧の色紙も、立春までには新しい心の色紙に代わります。道場にお越しの方は御神前の左の炎気亥の掛け軸と玄関のお飾りをご覧いただけますね。

新しい年が炎の気で力強く邁進し、隆盛安泰となりますようお祈り申し上げます。

ただいま、平成31年、新元年の隆盛安泰祈願、お正月明け発送の分を受け付けています。どうぞ御参賀ください。最終は節分まで受け付けています。

 

尊無上亜甲中玄   玄上

 

 

 

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください。

雄大な日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

2018年12月 1日 (土)

冬の御挨拶と平成31年隆盛安泰祈願のご案内。

H3100

平成30年も12月に入りました。昨年は11月19日には白馬村の里が初積雪しましたが、今年は12月というのに、まだ雪が来ていません。でも、今日は冷え込んで、みぞれが降り始めているので、遅れている冬もそこまでやってきています。

さて、この2年間の間に御神符を郵送させていただきました方には、上のような冬の御挨拶を郵送させていただいています。今年は南アルプスの霊峰、甲斐駒ヶ岳と、北アルプスの杓子岳の険しい稜線を写真にしています。

新しい力で新年をお迎えできますように、平成31年安泰祈願のお知らせと共に、新しい年に向けてのお話を載せています。また、郵送でのお申込みをご希望の方に申込み用紙をこちらに載せています。プリントアウトしてお使いください。

平成31年、新時代初年度の隆盛安泰祈願の早期お申し込み受付中です。

 
尊無上亜甲中玄   玄上

毎日の運勢とお話が届く無料メルマガをご覧ください

雄大な大宇宙、それにつながる日本アルプスそのものが、まさしく至心玄道、私の「お山」なのです。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ